音楽初心者の戯論

音楽初心者の戯論

徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

ゲスの極み乙女。の新曲「あなたには負けない」が完全に吹っ切れている件

どうもこんにちは。

今回はですね、先日ゲスの極み乙女。の公式YouTubeアカウントから新曲MVが公開され、それがかなりぶっ飛んでいるというか吹っ切れているのでご紹介したいと思います。

そのMVというのがこちら。

www.youtube.com

メンバー全員が水色の衣装を身に纏い・・・というかこれ完全にサンダーバードですよね(笑)

それにしても「あなたには負けない」というタイトルからしてグイグイ攻めています。
こういう姿勢は大好きです。


そしてMVが始まると、イントロからいきなりゲーム音楽のような電子音が流れます。

全編通した打ち込みサウンドが堪能できる同曲からは、モータウンサウンドに始まるディスコミュージックのような懐かしさもあり。
個人的には80~90年代初頭にかけてヒットを飛ばしたEurythmicsのような雰囲気も感じますね。

MVからも古臭さのようなものがどことなくあって、それでいて近未来のようにも見えるという面白さ。


ちなみにこのMVの監督である川村ケンスケさんは以前にも「シアワセ林檎」という曲で指揮を執った経験もあります。

www.youtube.com

この曲はお笑いコンビのおぎやはぎがラジオ内で「センスの塊」と絶賛していたことでも話題になりましたが、それ以上に歌詞が意味深だということでも物議を醸した曲です。

sp.uta-net.com

当時は色々とありましたから、何かにつけてそういう話題も尽きませんでしたね。
ただバンドマンとしては色眼鏡でも何でも、世間で話題になって認知されるというのは決してマイナスな面ばかりではないと思うんですけどね。


さて、話を戻しまして「あなたには負けない」について。

この曲は4人のメンバーのソロ歌唱パートがあるという珍しいスタイルの曲なのですが、とにかくそれがユーモアに富んでいて面白い。

ただの批判や風刺にとどまらず、そこに面白さを思いっきり混ぜるあたりがいよいよ吹っ切れたのかなぁと。
そしてやはりセンスの塊だと思いますね。

川谷さんを除くメンバー3人は、色々あった当時それぞれに思うところがあったようですが、それでも「解散」というワードが出なかったのはやはり彼のセンスを認めていたからこそだと思います。
そして川谷さんもその期待に応えるべく去年・今年と様々な楽曲を世に出してくれました。

そして今回もその一環、というよりは新しい挑戦の1曲だと思います。
それがこのたび公開されたMVから面白いくらいよく伝わってきます。


こちら、MVの一部なのですが

f:id:qfbrj:20170923172327p:plain

この雑誌ですよ(笑) いやいや週刊人春って。

他にも枝豆らしきものやラーメンやらバイクやら、ありとあらゆるものが風に乗って飛んでくるというシュールな図。
しかしメンバーはそれに臆することなく敢然と行進を続ける姿が印象的です。

ただここまで突き抜けていると飛んでくるものにも意味があるような気がしてきて、例えばラーメンは

news.livedoor.com

これを思い起こしてしまいますし(ちなみに川谷さんはラーメン二郎が好き)、すると焼き鳥や枝豆なんかの居酒屋定番メニューも何か関係があるのでしょうかね。


それ以外にも、今一度MVを見直してみると

f:id:qfbrj:20170923172922p:plain

こんな文字もあったり

f:id:qfbrj:20170923173004p:plain

こうして暗いトンネルの中、光から遠ざかるように歩いたり

f:id:qfbrj:20170923173321p:plain

タレントという職業を皮肉った操り人形のシーンがあったりと、見所は満載です。

 

そして僕個人としてはMV全体を通してカメラのフラッシュのような光の点滅が目立つ作品だという印象を受けました。

しかしこれはあくまでショートバージョンですから、全体を通して見えてくるものもあるかもしれませんね。


さて、そんなゲスの極み乙女。の最新シングル「あなたには負けない」ですが、配信限定となっています。

10月10日のリリースに先立ち現在iTunesではプレオーダーを開始。
また、先行配信として「私以外私じゃないの(Remix by PARKGOLF)の購入が可能です。

ちなみにプレオーダーをおこなうと「あなたには負けない」のMVが10月10日よりフルでダウンロード可能となるそうです。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

↓↓↓プレオーダーはこちら↓↓↓

 

それではまた次回!

【本日誕生日】 B’z稲葉浩志さんの旨味を堪能できる曲 5選

どうもこんにちは。

 

本日2017年9月23日はB’z稲葉浩志さん53歳の誕生日!
ということで稲葉さんの魅力を堪能できる5曲をご紹介したいと思います。

では早速。

まずはこの曲。

  • DEEP KISS(1997年発売のB’zアルバム「SURVIVE」に収録)

www.youtube.com

以前にもこの曲(というかアルバム)については触れましたが、

music-sick.hatenablog.com

なんというかもうスゴイ。ものスゴイです。

この曲だけで2オクターブ近くの音域ですよ。
間違いなくそんじょそこらのジェットコースターより揺さぶられます。

最近は音楽をかけ流しにするような聴き方が一般的になりつつありますが、「DEEP KISS」に至っては否応なく真正面から対峙させられるような圧倒的存在感のある曲だと思います。


お次はこれ。

  • F・E・A・R(1999年発売のB’zアルバム「Brotherhood」に収録)

www.youtube.com

日本を代表するバンドであるB’zや稲葉さんと言えば「ハイトーン」だったり「シャウト」だったりが代名詞です。
そうした曲は他にも「ギリギリchop」や「Real Thing Shakes」だったりと沢山あるのですが、個人的趣向として「F・E・A・R」を選びました。

あの、一度「F・E・A・R」をカラオケで挑戦したのですが始まって数秒で後悔の嵐。
畳み掛ける早口・シャウト・ハイトーンのフルコースで聴いているだけでも満腹なのに、何を血迷ったかそれを歌おうなんて10億年くらい早かったです。もうしません。

そしてこの曲は「Brotherhood」というアルバムの1曲目に収録されているのですが、もう初っ端からアクセル全開です。
特にこのアルバムは全編通してロック色が強いのでオススメ。J-ROCK好きな若い世代にも一度は聴いてもらいたい名盤です。

Brotherhood

Brotherhood

 

 


次はこちら。

  • 透明人間(2004年発売のソロアルバム「Peace Of Mind」に収録)
透明人間

透明人間

この曲はですね。。。
稲葉浩志さんのソロ曲なのですが、聴いていると気分が重くなること間違いなしということだけは言えます。

マイナー調のピアノから始まるイントロからしてすでに沈鬱な雰囲気が出ているのですが、注目してほしいのはその歌詞です。

www.uta-net.com

これはあくまで噂程度なのですが、この歌詞はとある殺人事件がモチーフになっていると言われています。

稲葉浩志のソロ曲『透明人間』はとある事件がモチーフ?歌詞はどんな内容?

しかも歌詞からして事件の当事者、もとい加害者目線です。

おかあさん
僕はあの時光をめざして
最高の世界を夢に見ながら
せいいっぱいあなたの海を泳いだよ

 

稲葉さんなりの問題提起だったのでしょうか。
この曲を「ぜひ聴いてください!」と紹介するのは少し違う気がするのですが、稲葉さんの魅力として自らが作った詞をその歌唱力に乗せて歌うことで説得力が出るところも大いにあると思うんです。
歌詞やメロも含めて稲葉さんだからこそ成立し得た曲なのではないかと、そう感じます。


続いてはこちら。

  • 雨だれぶるーず(2006年発売のB’zアルバム「MONSTER」に収録)

www.youtube.com個人的感想としてこの6分を超える大曲に稲葉さんの全てが詰まっているような気がします。
「野太い高音」「ねじ伏せるようなシャウト」「エロティックな低音ボイス」「不甲斐ない男性を歌った歌詞」「圧倒的説得力を誇る歌声」・・・
まだまだあると思いますが、これらの要素が喧嘩するでも混ざり合うでもなく、1つ1つが見事に調和してきちんと立っているんですよね。

これこそが稲葉さんの真価であり、大勢のリスナーを虜にしている所以でもあると思います。
ブルースという観点から「もうかりまっか」(1994年発売のB’zアルバム「The 7th Blues」に収録)に近い印象も受けますが、表現の幅というか奥行きが確実に進化しています。

でも僕の周りの人にこの曲の良さをいくら説明してもあまり理解してくれないんです。
僕の説明が下手だということなのでしょうかね(笑)

もしこの曲がライブで聴けるなら全財産を投資しても悔いが残らないような気がします。


ラストはこちら。

  • 光芒(2007年発売のB’zアルバム「ACTION」に収録)
光芒

光芒

  • B'z
  • ロック
  • ¥250

B’zファンなら誰もが知っているこの超名曲なんですが、一般的にはあまり知られていないんですよね。
もうね、本当に聴いてほしいです。

この曲は下手な説明抜きにとにかく聴いてほしい。
そして是非とも大サビで戦慄していただきたい。

先ほど書いた「透明人間」が救いのない曲だとしたら、この曲は「救い」の曲です。
しかしそれは単なる応援でも激励でも慰労でもなく、もっと現実的で残酷でちっぽけな「救い」です。

何にもうまくいかないときとか、どうしようもないときとか、人生には必ずそういった瞬間がありますよね。
そんなときに励まされたところで、心に響く言葉なんてそうそうあるものではありません。

ただ少なくとも僕は就職活動中、この曲で救われました。

この曲では実は大きな希望なんて歌ってはいません。
見えるのはほんの僅かな小さい光だけです。

それでも、たったそれだけでこんなに前向きになれるのかと自分でも驚きました。

僕の他にもたくさんの人がこの曲で救われているのではないかなぁと思います。

 


というわけで今回は以上になります。
ラストは少しコンセプトから外れてただの「聴いてほしい曲」になってしまいましたが、稲葉さんの「歌詞」「歌唱」あってこそのオススメです。

しかし稲葉さんの魅力が5曲だけで収まるはずがありませんでしたね。少し考えれば、いや考えなくても分かることでした。

ただ1つ言いたいことは、B’zも稲葉さんもライブ会場が一番堪能できます。CD音源でもスゴいのにライブだともっとスゴい。

本当にどうなってんだよ、って思わず笑っちゃいます。


さて、そんなB’zですが来年2018年はデビュー30周年となるアニバーサリーイヤー。

そしてなんと2年8ヶ月ぶりのオリジナルアルバム「DINOSAUR」が2017年11月29日に発売決定しました!

youtu.be本作で20枚目となるオリジナルアルバムですが、それに伴った全国ツアーも決定しています。


チケットが入手できれば僕も参戦予定ですので今から楽しみです。

アルバムの詳細やツアーチケットに関しましてはホームページをご覧ください。

www.bz-vermillion.com

それではまた次回!

 

Deep Kiss

Deep Kiss

  • B'z
  • J-Pop
  • ¥250
F・E・A・R

F・E・A・R

  • B'z
  • ロック
  • ¥250
雨だれぶるーず

雨だれぶるーず

  • B'z
  • ロック
  • ¥250

音楽に関する雑学・豆知識 その2

どうもこんにちは。

さて、今回は前回の予告どおり引き続き音楽にまつわる雑学や豆知識をご紹介いたします。

 

前回の記事はコチラ

music-sick.hatenablog.com

では後半戦と題しまして早速参りましょう。

まずはこちら。

 「勝手にシンドバッド」というタイトルの由来が当時ヒットしていた沢田研二の「勝手にしやがれ」とピンク・レディーの「渚のシンドバッド」を合体させただけであるという話は割と有名ですが、歌詞テロップの話はそこまで知名度が高くないのではないでしょうか。

というのも皆さん、初めて聴いたときこの歌詞聞き取れましたか?
サビまでたどり着かず「シャイなハートにルージュの色が~」あたりで完全KO負けじゃなかったですか?

当然この曲の発売当時も同様の意見は多くて、しかもその頃はテレビ番組でまだ歌詞テロップが存在していない時代です。

アップテンポな曲調に桑田さん独特の言い回しが相まって「何言ってんだか全然分からねぇぞ!」という視聴者の声が多くテレビ局に寄せられたそうなんです。

そこで満を持して登場したのがご存知「歌詞テロップ」です。
今となっては歌番組に欠かせない要素の1つですが、その端緒はサザンオールスターズ往年の名曲にあったということですね。


お次はこちら。

www.youtube.com個人的にB’z史上最高の失恋ソングだと思っている「もう一度キスしたかった」ですが、実はこの曲のレコーディング日に稲葉浩志さんが若干風邪気味だったみたいなんですよ。
そしてその時のテイクがそのまま採用となり音源化されているのですが、鼻声がむしろ曲とマッチして哀愁を誘うのでいいんですよねこれが。

ファンの間でもこの曲は評判が高く、特に稲葉さんの書いた歌詞は作曲者である松本さんも絶賛しています。
他にもGACKTさんや浜崎あゆみさんもこの曲が好きだと公言していて、それだけ根強い人気があるということですね。


続いてはこれ。

  • 久石譲(ヒサイシジョウ)という名前は本名ではない

ジブリ映画をはじめ数々の映画やCMなどの楽曲を手がける久石譲さん。

その中でも僕は特に「千と千尋の神隠し」のサントラである「One Summer's Day」という曲がめちゃくちゃ好きなのですが、

music-sick.hatenablog.comこの「久石譲」というお名前。
実は本名ではなく、ちょっとしたダジャレ感覚で付けられた芸名だったのです。

ちなみに本名は藤澤守(ふじさわまもる)さん。

芸名である「久石譲」はクインシー・ジョーンズから 

クインシー → クイシ → 久石
ジョーンズ → ジョー → 譲

といった具合で拝借した模様。

 

クインシー・ジョーンズさんと言えばマイケルジャクソンの「Thriller」をプロデュースしたことでも有名な音楽プロデューサー。
なんでもこの名前は大学在学中に友達と決めたそうで、特別クインシー・ジョーンズのファンだったというわけではなかったとのことですが。

まぁ確かにファンだったらその名前をもじったりはしないかもしれませんね(笑)


あ、でも江戸川乱歩という名前は彼の尊敬する「エドガー・アラン・ポー」という文豪の名前から取ったという逸話が。。。

この話はもうやめましょう。


お次はこれ。

  • 閉店時に流れる「蛍の光」は「別れのワルツ」という曲名だった

一先ず聞き比べてみてください。

www.youtube.comwww.youtube.com上:蛍の光
下:別れのワルツ

 

これ2曲ともメロディは殆ど一緒なのですが、「蛍の光」が4拍子に対して「別れのワルツ」は3拍子。
そして閉店時にかかる音楽は3拍子の「別れのワルツ」なのです。

とはいえ「蛍の光」というスコットランド民謡を日本人の古関裕而さんがワルツ調の3拍子に変えたのが「別れのワルツ」なので、全くの別曲というわけではありません。
なので個人的には閉店時に流れる曲を「蛍の光」と言っても大きな問題はないと思うんですけどね。

 

ちなみにこの古関裕而さんですが、阪神タイガースの「六甲おろし」や読売ジャイアンツの「闘魂こめて」の作曲も手がけています。
さらには高校野球でおなじみの「栄冠は君に輝く」も古関さん作曲です。


ではこれでラストにしましょう

  • ピアノを黒く染めたのは日本の影響

ピアノといえば、多くの方がこんな感じの黒いグランドピアノを想像すると思います。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a5/Steinway_%C3%A0_Leipzig_-_cropped.jpg/1280px-Steinway_%C3%A0_Leipzig_-_cropped.jpg

しかし疑問に思ったことはありませんか?
ヴァイオリンやコントラバスなんかは木目調のままなのに、どうして同じように木で作られているピアノだけは黒く塗られているのか、と。

 

これはあくまで一説なのですが、ピアノは元々ニス塗りを施すだけのつくりが一般的でした。
しかし貴族の持ち物となると話は違います。もっと高級感のあるピアノでなければなりません。

そこで登場したのが日本が誇る「漆」です。

漆は言わずと知れた日本の伝統工芸で、その艶やかな黒にポルトガルから来た宣教師たちは魅了されたそうです。
そこで彼らが母国へと持ち帰り、海外ではヨーロッパを中心に皇族貴族の間で漆が人気を博しました。

そういった経緯があったため、ピアノの高級品には漆の黒が採用されました。
まぁ正確に言うと、海外に漆は無いので漆に似たような塗料を使っていただけですが。

 

ちなみにこのように漆を用いることをジャパニングなんて表現します。漆を辞書か何かで英語訳すると「japan」と出てくるはずです。

matome.naver.jpそしてその後日本がピアノを製造するようになり、そこで塗られたのも漆。
高温多湿な日本において漆とはまさにうってつけの塗料。おまけに高級感もあり、木目調のピアノよりも生産効率通いということで多く作られていきました。
木目調ならば必要だった「全体で木目を合わせる」という作業が、黒塗りのピアノでは不必要になります。その分だけ作業が簡易化されたのでしょう。

それ以降は石油化学が発達し、ポリエステルなどを用いた黒の塗料が主流になり現在に至ります。


というわけで以上になります。

実は他にも「ロックンロールという言葉は実は隠語だった!?」みたいな内容も用意していたのですが、健全さを第一に求めた結果ボツになりました。気になる方は調べてみてください(笑)

まぁ今回紹介した知識がこの後の人生で役に立つかどうかは分かりませんが、話のネタにでも取っておいてもいいのかな、なんて思います。


それではまた次回!

 

もう一度キスしたかった

もう一度キスしたかった

  • B'z
  • ロック
  • ¥250

 

ピアノはなぜ黒いのか (幻冬舎新書)

ピアノはなぜ黒いのか (幻冬舎新書)

 

音楽に関する雑学・豆知識

どうもこんにちは。

さて、今回は音楽についてのちょっとした小ネタをいくつかご紹介したいと思います。
特別音楽に関する知識がなくても「へぇ!」と思えるようなネタを集めてきました。

雑学や豆知識、うんちくというものは日常生活において殆ど無意味な存在かもしれませんが、ごく稀に「知っておいて良かった!」ということもありますのでこの記事を読んでくださった方にとって今後何かの役に立てば幸いです。
まぁ、というよりは暇つぶし程度に軽く見ていただければと思います。

それでは早速。


その1

  • 実は「君が代」に2番の歌詞が存在する

君が代」といえばご存知我が国日本の国歌ですよね。

www.youtube.comかつて僕もこのような記事を書いたのですが、

music-sick.hatenablog.comその際「君が代」が正式に国歌として定められたのが1999年だと知りびっくりしました。法律上では意外と最近なんですよね。

それでこの「君が代」なのですが、実は続きの歌詞が存在したということは知っていましたか?
ただ正確に言うと国歌として法律で定められているのは1番までなので「国歌としての君が代」に2番の歌詞はないのですが、歌自体の続きが存在するということです。

そしてそれがこちら。

君が代
千尋の底の
さざれ石の
鵜のゐる磯と
あらはるるまで

 

なるほど、分からん。

まぁ言葉は違えど基本的な意味合いとしては1番と同様「「君が代」が末永く続くように」というものです。
ちなみにこの後3番、4番とも続くのですが、それを読み解いていくと「君」は「天皇」ではなく「この平和な世の中」ではないかということに気付きました。

あくまで僕の推測に過ぎないのですが「君が代」の歌詞には「この平和な世の中が永代続きますように」という意味が込められているのではないかと思いました。
詳しくは上の記事を参照いただけると嬉しいです。

ふしぎな君が代 (幻冬舎新書)

ふしぎな君が代 (幻冬舎新書)

 

 

その2

  • 童謡「クラリネットをこわしちゃった」と思いきや弾ける曲があった

www.youtube.comフランス民謡の同曲「クラリネットをこわしちゃった」ですが、みなさんご存知でしょうか。

そうです、唐突に「オーパッキャマラド」という謎の歌詞が出てくるアレです。

「ドとレとミとファとソとラとシの音が出ない」なんて・・・
いや、それはもうダメでしょ。処分するしかないよ。

僕もそう思い込んでやみませんでした。


しかし!
なんとそんなクラリネットでも演奏可能な曲があったんです。

それがこれ。

www.youtube.com團伊玖磨さん作曲の「ぞうさん」という童謡です。そうですまた童謡です。

ピアノでもギターでも主旋律を演奏してみれば分かりますが、なんとこの曲ピアノで演奏すると黒鍵しか使いません。
つまりメロディーにド#とレ#とファ#とソ#とラ#しか出てこないんですね。

なので、もしクラリネットが上記のように壊れてしまっても安心。「ぞうさん」だけは練習できます。


ちなみに團伊玖磨さんは自身の作った曲にこのような子供向けの歌詞がついてしまったことでちょっと怒ったそうです。


その3

この話は割と有名かもしれませんが、現在の音楽シーンに欠かせないPV(プロモーションビデオ)だったりMV(ミュージックビデオ)だったり。
呼称は様々ですが、こうしたプロモーション用のビデオが作られるようになった発端はかの有名なThe Beatlesにあります。

それまでにも音楽と映像を結びつけた作品はありましたが、販促や宣伝を冠した現在に近いPVの在りかたを最初に提示したのがThe Beatlesだという説が濃厚です。

お察しの通り彼らの全盛期はあちこちに引っ張りだこだったため、ツアー日程にこぼれる国や地域がどうしても出てきてしまいます。
またテレビ局からの出演依頼も多く、その全てに出演していては当然ながら身が持ちません。
そうした状況において、彼らは予めPVを撮影し世界各国のTV局に送ることでスケジュールの確保と不満の解消に努めたらしいのです。

ってなんという多忙さでしょうか。
ちなみに初撮影日には1日でなんと5曲ものPVを撮ったようで、その中にはテレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」オープニング曲である「Help!」もありました。

www.youtube.com

その4

  • オーケストラの演奏会は基本赤字

これはですね、色々な方に知ってほしい事実なんですよ。
オーケストラにとって収入源の大半が演奏会なのですが、有名アイドルや有名バンドとは違ってお客さんの数は多くて数千人程度です。

つまり1回のコンサート売上が仮に1千万円だとしても、演奏会に必要な楽団員50人または100人の給料、コンサートホールの貸切代、楽器の維持費、広告代など差し引くと平均して毎回数百万円の赤字が出ています。
音楽家は生活のために演奏しているのに、コンサートをするたびに楽団の首を絞めているという矛盾が現在進行形であるのです。

そしてそれはオーケストラに限らず若手のバンドマンも同じことです。
バンドマンもライブハウスで演奏するには当然タダというわけにはいきません。

とはいえさすがにオーケストラのように何百万と高額ではありませんが、その相場は2万円~3万円程度。

なんとかバイトなどで生活を繋いでいるバンドマンにとって、万単位の支出はかなり痛い。
お客さんが入らなければ完全に赤字です。

というわけでみなさん!気になったら積極的にコンサートやライブに行きましょう!
オーケストラにとっても、演奏会をするならばお客さんが1人でも多く入ることは喜ばしいことだと思います。

今後とも僕もお金に余裕ができれば色々と出向く予定です。


その5

f:id:qfbrj:20170919205821j:plain

ベートーヴェンと言えばこの肖像画ですよね。小学校の頃音楽室に飾ってあった写真。

正直僕は「キリッとした表情の人だったんだな」としか思っていなかったのですが、言われてみればたしかに険しい表情をしています。
あれ、ちょっと怒ってるかも。

しかしそれにもちゃんとした理由があったのです。

その理由というのがちょっと意外なんですけども、ベートーヴェンは茹でたマカロニにチーズを和えたものが大好物だったんですよ。
それでこの肖像画を描いてもらう日に家政婦さんがそれを作って持ってきたんですけど、それがどうも彼の口に合わなかったらしいです。

その結果があの険しい顔です。
しかも終日不機嫌だったようで、周囲に八つ当たりまでする始末だった模様。

どんだけ好きだったんですかねぇ。。。


ちなみに30代前半のときの肖像画(上の肖像画は50代前半)がコレなので、このときは温厚そうにも見えますよね。

 

というわけで今回は以上になります!

実はまだまだあるので次回後半戦という形で、もう少し日本の音楽シーンに触れてみようかと思います。


それではまた次回!

 

Help!

Help!

知ってるようで知らない 音楽おもしろ雑学事典

知ってるようで知らない 音楽おもしろ雑学事典

 

絶対に聞いたことのある曲特集 テレビ編

どうもこんにちは。

さて今回は予告したとおりテレビでよく耳にする、聞いたことのある曲をまとめてみたいと思います。

ちなみに前回の記事はコチラ

music-sick.hatenablog.com

 

では早速本日の1曲目。

松本孝弘さんで「#1090 ~Thousand Dreams~」です。

www.youtube.com言わずもがなテレビ朝日の「MUSIC STATION」オープニングに起用されている超有名曲。
ただしあまりこの曲がTakことB'zの松本さん作曲であることは認知されていないので載せてみました。そして2016年に「#1090 ~Million Dreams~」として新録されたことも記憶に新しいかと思います。

 

ちなみにキルビルのテーマ曲。

www.youtube.comこちらはBOØWYやCOMPLEXなどで有名な布袋寅泰さんが作曲したものです。

正式名称は「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」というのですが、直訳すると「仁義なき戦い」となります。
というのも元々この曲は布袋さんが映画「新・仁義なき戦い」に出演する際に書き下ろした曲であり、のちにこの曲を気に入ったタランティーノ監督が自身の映画「キル・ビル」にも採用したのがきっかけです。

海外だと圧倒的に「キル・ビル」のテーマ曲として有名ですね。

 


続いてこちら。

TOTOの「Child's Anthem」です。

www.youtube.comこの曲は(最近は分かりませんが)渡辺謙さんが出演されていた新型ワゴンRのCMソングにも起用されていました。

TOTOのデビューアルバム1曲目収録にしてまさに彼らの代名詞である「緻密なサウンド」の真骨頂のような曲です。

どうでもいいかもしれませんが邦題は「子供の凱歌」というもの。
洋楽に無理やりつけたような邦題は嫌いな僕ですが、この邦題はカッコいいので割とお気に入りです(笑)


さて、次はこれ。
HIIHの「feels like HEAVEN」という曲。
何はともあれまず聴いてみてください。

www.youtube.comはい。初っ端から聞き覚えしかないと思いますが(笑)、映画「リング」の主題歌でございます。

「貞子といったらこの曲、この曲といったら貞子」みたいなイメージがすっかり定着していると思いますが、聴き進めてもらうと分かるように意外とポップ。

カラオケにもちゃんとありますので持ち曲にしてみてもいいんじゃいでしょうか。
曲名があまり知られていない分、サプライズにはかなり持ってこいだと思います。

ただ個人的にかなりリズムが取りづらいと感じたので、もし練習される方がいらっしゃったら頑張ってください。

リング (Blu-ray)

リング (Blu-ray)

 


お次はこちら。

Vangelisの「Titles」です。

www.youtube.com邦題は「炎のランナー」。
1981年放映の同名映画主題歌にして、シングルと収録アルバム双方ともビルボードにて全米No.1を獲得。

映画自体もアカデミー賞の受賞や2012年のロンドンオリンピック開催時に舞台劇としてリメイクされるなど根強い人気がある作品です。

少し紛らわしいのですが「Titles」という曲名でアルバムに収録された後、曲名を「Chariots of Fire」に変えシングルカットされているので、一応どちらの名前でも通じるには通じると思います。
しかしどちらかといえば有名なのは後者ですかね。

 


ではこれがラスト。
崎谷健次郎さんの「Rag Time On The Rag」です。

www.youtube.com今や「いきなり!黄金伝説。」で調理をする際に流れるBGMとして有名ですが、この曲は元々草なぎ剛さん主演のフジテレビ系ドラマ「成田離婚」で挿入歌として使用されたもの。

ドラマでは特に料理シーン限定で流れていたわけではないのですが、今ではこの曲を聴くと料理しか浮かんできません(笑)
それだけこの曲が料理にあっていたということでしょうか。


というわけで以上になります。いかがでしたでしょうか。

「この曲はどうか」みたいな意見がございましたらコメントしてもらえると嬉しいです。


それではまた次回!

BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY

BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY

Child's Anthem

Child's Anthem

  • Toto
  • ロック
  • ¥200
feels like HEAVEN

feels like HEAVEN

  • HⅡH
  • サウンドトラック
  • ¥250
Titles

Titles

Rag Time On The Rug

Rag Time On The Rug