音楽初心者の戯論

事情通でもプロでもない、ろくな知識も持ち合わせていない人間が、徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

80年代を駆けぬけたカナダ発のバンドLoverboy

どうもこんにちは。

 

さて、先日Cheap Trickについての記事を書いた際にも少し取り上げたのですが、Top Gunというトム・クルーズ主演の映画を飾った豪華なサウンドトラックの数々。その曲が1枚のアルバムにまとめられているのですが、それがこちら。

トップ・ガン

トップ・ガン

 

 この中に収録されている「Heaven In Your Eyes」という曲を歌ったバンド、こちらを1人でも多くの方に知ってほしいなぁと思ったので今回ご紹介。

って最近そんな記事しか書いてない気がする...

 

まぁともあれ、そのバンド名とはLoverboyです!皆さんご存知でしょうか。

 

80年代サウンドと言えばシンセサイザーという偏見を持っている僕ですが(笑)、彼らはそうしたサウンドをふんだんに使ったキーボードを含めた5人編成のバンドで、ノリの良いキャッチーなメロディーが日本でも好評を博しました。

しかもこれまでに1000万枚以上ものCDセールスを達成しており、それに伴い数多くの賞も受賞。このことについてはまた後ほど少し触れようかと思います。

さて、いつまでも僕の駄文を連ねていたところで仕方ありませんので早速いくつか曲をご紹介。

まずはこちら。

  • Working for the Weekend

www.youtube.com

ちなみにこの曲の邦題は「それ行け!ウィークエンド」という、もう何というか色々とツッコみたくなるような題名が付けられていますが、曲自体はまさにノリの良い象徴。
メロディー自体もかなりキャッチーで、若い世代の日本人でもすんなり受け入れられる曲だと思います。

Loverboyがこの曲を発表したのが1981年のことなのですが、バンド自体の正式なデビューが1年前の1980年のこと。
しかもそのデビューアルバムが彼らの出身地カナダや隣国のアメリカ中心にめちゃくちゃ売れて、そのイイ流れのままに発表されたシングル曲でもあります。

Loverboyの中では割とポップ色の強さこそあれ、Billboard Pop Singlesチャートで最高29位、この曲が収録された後出のGet Luckyというアルバムも2年以上ビルボード200のアルバムチャートから姿を消さないほど売れて、こちら総売上が400万枚だとか。
もういまいち想像ができないレベル。ひょっとしてこのまま遊んで暮らしていけたんじゃないのか?なんて思ってしまいます(笑)

 

お次はこれ。

  • Lovin' Every Minute of It

www.youtube.com

この曲が初登場したのは上の話からかなり飛んで1985年のこと。

Billboard Hot 100で最高9位をマークした同曲は、ロック色強めなバンドサウンドのシングル曲。
サビ前の「Fire!」がとりあえずカッコイイ。
ライブでやったら盛り上がるんだろうな、ガンズとかNirvanaがカバーしても映えただろうな、なんて考えてしまいます。

そして同じ年にLovin' Every Minute of Itというにまったく一緒のタイトルでアルバムを出したLoverboyは200万枚の売上を達成。
表題曲の良さが大きく売上に影響したようですね。

 

ただ僕個人としてはこのアルバム内に入っている別の曲も推したいところでして。

それがこの曲。

  • This Could Be the Night

www.youtube.com

こちらは壮大でメロディアスなバラード曲。
アルバムLovin' Every Minute of Itから翌年の1986年にシングルカットされた同曲は、Billboard Hot 100のシングルチャートで10位を記録。
バラードがヒットしたのはバンド初の快挙でした。

ただ、この曲が形になる(というよりかはメンバーの納得する形になる)までかなり苦労したようで、制作に携わっていたVo.のMike Renoも途中で投げ出して釣りに出掛けてしまう始末。
しかしそれまでツアーを一緒におこなったこともあるJourneyからキーボーディストのJonathan Cainなどの新しい観点も取り入れることによって何とか完成し、結果としてこうした名曲が生まれました。

そういうエピソードを踏まえたうえで改めて聴いてみるとこれまで以上に味わい深いものがあります。

 

さて、そろそろラストにするとして、最後を飾るのがこの曲。

  • Heaven In Your Eyes

www.youtube.com

ようやくですよ。お待たせいたしました。
このパワーバラードが映画Top Gunのサウンドトラック曲です。

Billboard Hot100の最高位は12位ですが、映画の爆発的ヒットも相まって曲単位だけで知っている方っていうは相当数いらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみにこの曲はLoverboyとはまた別のコンポーザー、カナダ出身である外部のミュージシャンが作った曲で、それをLoverboyが自身のバンド風に仕立てたようです。

個人的にはVo.のMike Renoのうまさが際立ってるなぁ~と。
あとタンバリンも絡まるスネアの反響音がいい意味で懐かしさを感じさせてくれます。

 

それからサビ締めの歌詞、曲名にもなっていますが

I can see the heaven in your eyes

直訳すると君の瞳の中に天国が見える、とな。。。

これはロマンチックな言葉なのか、はたまたキザな台詞なのか、「天国」という言葉のニュアンスが掴めないジャパニーズな僕にとってはかなりの難問。
スターダストレビューの「瞳の中の天国」という曲を作った三谷泰弘さんはどういう解釈をしたのだろうか。。。

ただ、こうした日常会話ではまず出てこない詞をスッと最後に持ってくるあたりさすがだなぁなんて思ってしまいます。

 

というわけで今回は以上。少しでもこのバンドのことを知ってもらえれば嬉しいです!

それではまた次回!

 

Working for the Weekend

Working for the Weekend

  • Loverboy
  • ポップ
  • ¥200
Lovin' Every Minute of It

Lovin' Every Minute of It

  • Loverboy
  • ポップ
  • ¥200
This Could Be the Night

This Could Be the Night

  • Loverboy
  • ポップ
  • ¥200
Heaven In Your Eyes

Heaven In Your Eyes

  • Loverboy
  • サウンドトラック
  • ¥200

 

Real Thing: Greatest Hits

Real Thing: Greatest Hits

 

日本であまり知られていないバンドCheap Trickの入門

どうもこんにちは。

さて、またまた突然で申し訳ないですが皆さん、Cheap Trickというバンドをご存知でしょうか。

このバンドを端折りに端折って説明してしまいますと、Cheap Trickとは1977年にデビューしたアメリカのロックバンドで、これまでにトータル2000万枚を越えるレコードセールスを記録し、そして2013年にはロックの殿堂入りをも果たした世界的なバンドです。

 

そして日本公演もかなりの数をこなしていて、直近では2013年のサマソニをはじめ1978年の初来日から10回以上足を運んできてくれている、なかなかの親日バンド。

というのも実は彼らの売れ方がとてもQueenにそっくりで、当時海外であまり人気がなかったCheap Trickを異常なまでに手厚く歓迎したのが我が国日本。

その理由も結構似ていて、Queenファンならお馴染みの東郷かおる子さんという、元ミュージック・ライフ編集長である彼女が同雑誌内で記事にしたことが火付け役になったのではないでしょうか。

Queenも同じようにこのミュージック・ライフという雑誌で取り上げられることで特に若い女性のファンを増やしたので、そう考えると当時の雑誌の影響力たるや。すげぇ...

 

初来日をした当時は別のバンド等の前座をしていたCheap Trickがアジアの小さな島国で若い女性にキャーキャー騒がれ、そしていきなりワンマンで日本武道館公演をおこなったのですから本人たちもかなりびっくりしたのではないでしょうかねぇ。
この話はまた後で少し触れます。

 

さてそんな彼らなのですが、上の世代の方の認知度はそれなりにあるとしても今の20~30代の若者に訊いても「えー知らない」と答える人が大半。

The Beatlesや上に挙げたQueen、またBon Joviあたりだと「あー知ってる!」という答えがチラホラ返ってくるのですが、「Cheap Trick知ってる!」という人に今のところ出会ったことがない。

 

でもバンド名を知らないだけで、曲は聴いたことがあるかもしれませんし、しかもめちゃめちゃいい曲がたくさんあるのでこの機会に知ってもらえればなぁと思います。

 

というわけで今回は本当にメジャーな曲のみですが、少しだけCheap Trickの曲を紹介していきます!

 

まず最初はこちら。

  • Mighty Wings

www.youtube.com

これは曲としてかなり有名だと思います。
なにせあのトム・クルーズ主演の映画Top Gunのサントラですから、多くの人の耳に残っているのではないでしょうか。しかし80年代の匂いが凄い。

まぁ一般的にTop GunといえばBerlinのTake My Breath AwayだったりKenny LogginsのDanger Zoneだったりも有名ですが、個人的にこの曲も推したい。

実はこのTop Gunのサントラって上の3曲をはじめかなり名曲揃いで、ビルボードアルバムチャートで1位を記録したこともあります。

80's洋楽のベストというかジュークボックスみたいなヒット曲満載アルバムで、多分Top Gunという映画を知らない方でも絶対聴いたことがある曲が1つは入っていると思います!

トップ・ガン

トップ・ガン

 

 

お次はこちら。

  • The Flame

www.youtube.com

これもCheap Trickを語る上では外せない1曲。
曲自体はAtomic Roosterのメンバーとして知られているNick Grahamなど外部の人間により制作されたものなのですが、この曲が見事自身初の全米No.1シングルとなりました。

曲は壮大なバラードでして、歌詞はコテコテな(と言ったら失礼か)ラブソング。もう凄い。歌詞から愛が溢れている。

案の定僕は当初「あぁ、いいメロディーだなぁ」と聴いていただけだったのですが、ふと気になって歌詞を調べてみるともう凄い。恋人への依存度120%みたいな曲。

でもいい曲なんですよ、すごく。

 

The Flameというのは「炎」という意味の他に「恋人」なんて意味もあるらしく、まぁ...そんな感じの歌です(笑)

 

そして私事で大変恐縮なのですが、お恥ずかしながら最初の頃は「Flame(炎)」と「Frame(枠組み)」を勘違いしていまして、ラストの方でボーカルのRobin Zanderが「I Will Be The Flame~!」と叫ぶのですが僕は「私はあなたの枠組みになる...? ん?」と特に調べもせずにずっと疑問に思っていました(笑)

英語...もっと頑張ろう。


では今回はこれでラストにしましょう。
ラストはこの曲!

  • I Want You To Want Me

www.youtube.com

この曲も聞き覚えのある方がいらっしゃるかもしれません。
5年くらい前でしょうか、綾瀬はるかさんが出演していたキリン生茶のCMソングとして起用されていました。

www.youtube.com

これですね。

 

そしてこの曲にまつわるちょっと面白い話がありまして、その話を少しだけ。あ、面白いと言っても笑える話ではないですので悪しからず。

この曲が最初に発売されたのが1977年のことだったのですが、ちょうどこの時上述したように日本のみ彼らの人気が凄かった。
そのため全米チャートに登場すらしなかったこの曲がなんと日本でオリコン1位を獲得。
まぁそういうこともあってその後の武道館公演へとつながるのですが、こうして日本の爆発的人気が火種となり、その後Cheap Trickはようやくアメリカでも評価されはじめました。

このようにして売れ線に乗ってきたCheap Trickは機を逃すことなくこのシングルを2年後の1979年に再発することを決定。

ただしこれが1977年発売のシングルとは違い、武道館公演のライブバージョンをシングル化したのです。

 

するとこれが売れた。めちゃくちゃ売れた。

ライブバージョンということで曲のテンポが速くなりノリが良くなったことが功を奏したのか、それはいまいち分かりませんが、ビルボード最高7位、そしてミリオンも達成するほどに曲が成長したという逸話です。

どうでしたか。あれ、そこまで面白くなかったですか(笑)


まぁもう少し紹介したいところですが、あまり長くしすぎてもつまらないですし、おそらく他のもっと知識のある方々がこのバンドの記事を多くまとめてくれてあると思うので、もしこの記事を読んで興味を持ってくださいましたら色々と調べてみてください。

 

それではまた次回!

 

The Flame

The Flame

  • チープ・トリック
  • ロック
  • ¥200
Mighty Wings

Mighty Wings

  • チープ・トリック
  • サウンドトラック
  • ¥200
I Want You to Want Me

I Want You to Want Me

  • チープ・トリック
  • ロック
  • ¥200
グレイテスト・ヒッツ

グレイテスト・ヒッツ

 

エレファントカシマシのベストに入らない名曲5選

どうもこんにちは。
暑い日が続きますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

さてさて、早速ではありますが今回はタイトルにもあるとおりエレファントカシマシのベストに入らない名曲を5つだけピックアップして紹介します。

たった5曲だけ。5曲だけです。
本当は選考段階で30曲くらい候補が出てきたのに5曲だけ。

自分でもどうしてここまで5曲にこだわってしまうのか、まったく意味が分かりませんが5曲だけ。

いいから早く紹介しろよって声が聞こえてきそうですね(笑)

 

さて、エレカシの記事からこのブログを知ってくださった方もいらっしゃるかと思いますが、ご覧の通り僕はエレカシファンでして。
先日リリースされたベストアルバムをはじめ、やはり30年ものキャリアがあると当然たくさんのベストアルバムが出ているわけですが(2017/08/02現在で8枚)、今回はそうしたこれまでに出されたベストアルバムに一回も収録されていない曲をご紹介。

 

では早速参りましょう。
最初はこちら。

  • 月の夜 (1990)

www.youtube.com

これは個人的初期の大名曲。
今でこそ一般的に「分かりやすく力強い言葉を説得力溢れる宮本さんの声で放つ」みたいなイメージが定着しているエレカシですが、この曲はそこに至るまでのそのまた昔の曲。

宮本さんが読書好きということもあって、特に初期には文学的な歌が非常に多い。分からないですよ、本当に。
別の歌になってしまいますが「うらやましきはカラス共に 我が肉食えやと言いたる詩人よ」とか「ひょうろく玉のドタマブッ飛ぶトチの愛」とか「ゴミ箱蹴った闇の向かう 蒼き光の月のやう」とか言われても正直全然分からない。
分からないけど不思議と惹かれてしまう。

戻りましてこの「月の夜」という歌ですが、上に述べたような文学調の言葉を使い、そして昨今主流となっているAメロ→Bメロ→サビみたいなテンプレが一切ない。
それで3:05と短い曲なのに一気に引き込まれてしまいます。

この曲を作った当時宮本さんは夜中ギター片手に部屋に引きこもっていたらしいですが、そうした彼の厭世的な一面も感じられる1曲です。

ちなみにこの曲が入っている「生活」というアルバムはファンの間でも物議を醸しているというか、宮本さん当人も後に「よくあんなレコード出したな」と言っている代物なので「オススメです!」とはとても言えません。
何も知らずに聴いたら最初の5秒でカチッと止めてしまうと思います、本当に(笑)

僕は好きですよ、もちろん。


次はこれ。

  • 恋人よ (1997)

www.youtube.com

一番エレカシが売れていた時期に出た「今宵の月のように」も収録されているアルバムの曲。
ファンの間でも人気が高く、この曲が一番好きという方もいらっしゃると思います。

しかしベストに収録されることも、そしてライブではどういうわけか頑ななまでに絶対演奏されない。
最後にこの曲が演奏されたのは確認できる限りで2004年。

ライブで聴けたらどれだけ良いだろうかと考えるだけで涙腺が緩みそうです。

特にラスサビの叫びにも似た所謂絶唱というやつでしょうか。
これだけブログを書いているのにいい表現が浮かばないというのがもどかしいのですが、そこが堪らなく好きで何回も聴いてしまいます。


次はこれ。

  • 面影 (2002)

www.youtube.com

エレカシ史上もっとも落ち着いた「ライフ」というアルバムの収録曲。
このアルバム全般にミスチルのプロデューサーとして有名な小林武史さんが携わっていて、アルバム自体がかなりポップ寄りだと思います。

そしてエレカシというと一般的にがなるイメージが強いのかもしれませんが、この曲には一切出てきません。
しかしだからといって単調かと言えばそうではなく、宮本さんの静かな歌い方の中にも様々な側面がたくさん垣間見れる1曲です。

「面影さざめく」という表現がなんとも絵画的で情景が目に浮かぶようです。
個人的に夏の夜に聴くにはもってこいだと思います。

 

次はこちら。

  • 覚醒(オマエに言った) (2003)

www.youtube.com

実はこの曲、水曜日のダウンタウンでも紹介されたことがありまして。まぁ数秒だけなんですが。
というのもこの曲は「37歳」という年齢をテーマにしていて、先日水曜日のダウンタウンで「歌詞に出てくる年齢0歳から100歳まで全部揃う説」を扱った際に「37歳」で登場しました。
たまたま僕もそのとき見ていて、20歳あたりから「あれ、ひょっとして来るんじゃないのか?」なんてものすごくドキドキしていたのを思い出します。

ただエレカシの歌に年齢が登場するというは結構ありまして、有名な「俺たちの明日」でも10代、20代と歌っていますし、他にも「真夏の革命」という曲では「俺は独身で そう年齢は危うき35歳」と言ったりもしています。
このように「まさにその年齢になったときに感じたこと」を宮本さん自身がリアルに表現しているからこそ多くの共感や支持を得ているのかもしれません。

お恥ずかしながら僕は37歳になっていないので正直この曲を語る資格なんてものは無いのですが、「まだまだ元気でやれるけれども、もうじき中年の代名詞である40代に突入してしまう」みたいな「37歳」ならではの葛藤が手に取るように分かって、そして歌詞の中にある「オレの青春は 終わったけれど」という言葉が異常に響く。
これって18歳になったときに「もう大人と殆ど変わらないのにまだ子ども扱い」とかその後成人してお酒が飲めるようになっても「社会に出たらまだ自分は子供だ」と思うような、積まれてゆく年齢と世間との乖離みたいなモノを感じたことがある人にとって相当グッと来る言葉だと思うんです。

いつまでも子供のままでいたいじゃないですか。バカやっていたいじゃないですか。
でも37という年齢を迎えた宮本さんが「オレの青春は終わった」と、そう区切りをつけたことにとてつもない覚悟のようなものを感じました。

そしてこの曲はもし聴いていただけるなら最後まで聴いてほしいです。
上に挙げた曲ももちろんそうしてほしいのですが、この曲は特に、歌の終わりが曲の終わりではないのだと僕に再認識させてくれるきっかけにもなった曲なので。


そしてラストはこれ。

  • なぜだか、俺は祈ってゐた。 (2006)

www.youtube.com

この曲は個人的に凄い好きで、気が付くとリピート再生していることが多いです。
どうして好きなのかと訊かれると答えに窮してしまうのですが、とにかくメロや歌詞が本当に美しい。

どうやら宮本さんは曲ができると嬉しくて何かに祈りたくなるらしく、この曲の題名はそうした衝動が元になっているのだと思います。

そしてこの曲の歌詞にある「素直に今を生きられりゃあ、どんなに、どんなにいいだらう。素直に生きてゆけりゃあ。」というのがまたイイ。

素直に生きられればどれほど楽だろうかなんて常々思いますけど、やっぱりそんなこと現代社会においては無理ですよね。
ありのままの姿見せるのよ、って本当に自分を曝け出してしまったら多分とんでもないことになると思います。特に僕なんて(笑)

この曲は子供の頃ヒーローになりたかった宮本さんと、そして今も無理かもしれないけど「かっこよく死にたい」と願う宮本さんの綺麗な諦念というか、リアルな「今」を感じ取れる曲だと思いました。


というわけで以上になります。

実は最後の最後までどっちの曲にしようかなんて迷っていましたが、蓋を開けてみればなんとユニバーサルに移籍してからの曲が1つも無い。
そうですねぇ、また機会を見つけて書いてみようかと思います。

当然この5曲は僕の好み全開なので「いや、これもだろ!」って意見もあると思います。
というか僕自書いておいて「なんでこの曲も入ってないんだ!」と思っています(笑)

まぁ裏を返せばそれだけ良曲揃いってことで、ここはまとめさせてください。

 

それではまた次回!

 

月の夜

月の夜

恋人よ

恋人よ

面影

面影