音楽初心者の戯論

音楽初心者の戯論

好きな音楽を好きなように好きなだけ綴っているブログです。

ガキ使SPエンディング 米米クラブ『君がいるだけで』

どうもこんにちは。

あ、明けましておめでとうございます。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年...いえ、年末のテレビはどうなさいましたか?
僕は以前記事でも書きましたとおり毎年恒例で「ダウンタウンガキの使い 大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけない科学博士」を5時半あたりから待機して観ました。

いやぁ、今年も最高でしたね(笑)
前々からジミー大西さんが今回はすごいぞということは聞いていましたが、ホントに想像以上でしたね。

毎年年末のガキ使は「これでラスト」という噂がどこからか流れるのですが、今回もちゃんとやってくれました。

まぁこちらは一応音楽の情報を書いているブログですので本来ならば紅白やCDTV年越しスペシャルなんかについて書くべきなのでしょうが、ちょっと私利私欲に負けました(笑)

というわけで、せっかく以前こんな記事も書いたことですので

music-sick.hatenablog.com

今回のEDを担当した米米クラブの『君がいるだけで』を少し紹介。

www.youtube.com

今回の歌詞はコチラ。

ふじわら 君がいるだけで 今年もおしり痛いこと
何より大変な罰で 気付かせてくれたね

銭形の罠に つい引き込まれ
思いもよらない 夫婦でのキスよ
ひとりの弱さも 知らないくせに
ハコ乗りのセダンを 走らせていた
ドッキリくらった時の由樹や
笑点メンバーに 言われたら
wow wow タイキック

後だし 勝負するだけで 老化がバレてしまうこと
何より大切なものは 愛娘のトリトン

裏切りのデビちん 騙されたヒロミ
ハリセンでしばいて 久々のテレビ
企画書だけでの 安請け合いで
やりすぎた斎藤 声が潰れてた
なぜにもっと 素顔を出さなかったのだろう
君は誰 wow wow 上川

ローラが 無理してる たけし
浅野が 上手く踊ること
原田は裸の仕事の オファーが増えそうだね

竜ちゃん オナラ出したい
哲ちゃん こらえて
ウランちゃん 袋返して
ジミーちゃん 目覚めて

乳首を ドリルするだけで 徳馬が笑いとれること
蝶野は いつの時も ビンタで 方正を追い詰める
毎年 ガキがあるだけで 体にガタがきてるけど
いつでも いつの時も 5人で 笑って過ごしていたい

最後はきちんとハッピーエンドになっているところがいいですね。一応動画がありましたので載せます。消されるかもしれませんが。

www.youtube.com

さて、本題へ。

米米クラブは1985年にメジャーデビューしたロックバンドで、代表曲には今回の『君がいるだけで』の他に『浪漫飛行』なんかが有名。

www.youtube.com

前身が映画研究部だったようで、そのときメンバーの1人が「トム・トム・クラブ」を「コメ・コメ・クラブ」言い間違え、それがかなりウケたためバンド名になったとの説が一番有名です。

米米クラブは上に挙げた2曲が一番有名ですが、デビュー当時から所謂「イロモノ」として扱われていたようで、リリースする曲の曲調もJ-POP寄りのものよりロックのイメージが強い感じでした。

スピッツと同じで「何となく聴きやすい曲を歌っている人たち」というイメージを持たれがちですけどね。

music-sick.hatenablog.com

そしてライブやコンサートでの演出もかなり長けていたので、今のエンタメ性重視型コンサートの土台を作ったのはもしかすると彼らかもしれません。

まぁ曲に戻りますと、『君がいるだけで』は1992年にリリースされ、フジテレビ系月9ドラマ『素顔のままで』の主題歌に起用されました。
ちなみにWikipediaによるとこのシングルの累計売り上げがなんと289.5万枚!

先日「世界に一つだけの花」が累計300万枚の偉業を達成したというニュースがありましたが、それに決して劣らない記録ですよ。いやぁすごい!

www.oricon.co.jp

今回の放送で気になった方はぜひチェックしてみてください!

それではまた次回!

君がいるだけで

君がいるだけで

浪漫飛行

浪漫飛行

 

米~Best of Best~

米~Best of Best~

 

【イチオシ】今年デビューの音楽ユニット『anderlust』

どうもこんにちは。

今日は久しぶりに近くのTOWER RECORDSに行ってきたのですが、SMAP特集のブースで呆然と立ち尽くす主婦の方や若手バンドの試聴コーナーで真剣な目をして聴いている若者やら多種多様で、それぞれにそれぞれの楽しみ方があるんだなぁと改めて思い知らされました。

そこへ行って思い出しましたがそういえば今日はback numberのベストアルバム『アンコール』の発売日です。
まだチェックしていない方はぜひどうぞ!

アンコール(ベストアルバム)(初回限定盤A/DVDver.) (2CD+2DVD+フォトブック)

アンコール(ベストアルバム)(初回限定盤A/DVDver.) (2CD+2DVD+フォトブック)

 

まぁそんなこんなで今年も終わりになりますが、皆さんは今年誰か琴線に触れたアーティストは現れましたか?
色々と芸能ニュースが絶えない年ではありましたが、今年も多くの若手アーティストがデビューしました。

その中で僕が気になったアーティストを1組だけご紹介。
「あっ、いいな」と思ったアーティストは何組かあったのですが、その中で一番来年にも期待できそうかなと感じましたので、まぁ要は僕の独断と偏見です。

僕が紹介したいのはこの方々。

Scrap & Build(通常盤)

anderlustです。

www.anderlust.jp

ご存知の方も割と多いかもしれませんが、彼女ら...彼ら?は今年の3月にメジャーデビューした越野アンナさん(Vo.&Gt.)と西塚真吾さん(Ba.)によるユニット。HPによると、anderlustというのは

“抑えきれない旅への衝動”を意味する“wanderlust”(ワンダーラスト)という言葉から、“w”をあえてとった造語

とのこと。
なぜwを取ったのか!これだけを突き詰めて1つの記事になるかも!と冗談半分に考えていたらどうやら「遊び心」とのこと。
1つの記事どころか1文すら完成しませんでした(笑)

natalie.mu

それでですね、anderlustの曲の話になりますが最初聴いたときは失礼ながら「よくある一辺倒で予定調和的な感じかなぁ」と思っていたのですが、全体的に曲が洗練されているので聴いていて気持ちがいい。
これは卓越したソングライティング能力と編曲の巧さがあると思うのですが、なんとデビュー曲の『帰り道』は小林武史さんプロデュース。
小林武史さんといえば言わずと知れたヒットメーカーで、過去の記事でも触れましたがこれまでにMr.Childrenや最近ではback numberの曲に多く携わっている超大物プロデューサーです。

music-sick.hatenablog.com

そんな方とデビュー前から仕事をしているわけですから期待度が低いはずがありません。

というかどうやら越野アンナさんの父親がコバタケさんらしいとのこと。。。

 

そしてこれがデビューシングルの『帰り道』です。

www.youtube.com

メジャーデビューシングルにして小林武史さんプロデュース、そして今年4月公開の映画『あやしい彼女』の主題歌でございます。
いきなりスゴすぎますね......。
ちなみにこの映画に越野アンナさんが少しだけ出演されています。

しかも越野アンナさんは現在弱冠20歳ですよ。
はぁ......自分が人間的に大きく劣っているという現実を突きつけられます(笑)

それでこの『帰り道』ですが、僕の中でファーストインパクトこそ弱かったものの今はかなりお気に入りになっています。
越野アンナさんの声がスッと入ってきますし、ベースラインがかっちょいいですし、タイトルのセンスが最高。
歌詞はどうやら映画に向けて練り直したそうですが、何となく帰り道=夕方みたいな心象がとてもよく表されていると思います。
個人的には午後4時ごろの雰囲気を覚えましたが。

www.uta-net.com

他にも今年8月発売のシングル『いつかの自分』から表題曲を含め3曲が(他2曲はカバー曲)ノイタミナ枠のTVアニメ「バッテリー」でそれぞれOPやEDとして起用されていました。

www.youtube.com

そして今月12月14日にはニューシングル『Scrap & Build』をリリース。ものの見事にロックとポップの融合を実現させています。

www.youtube.com

今はTV出演なんてしなくてもYouTubeで新しい音楽に出会える時代ですが、ぜひとも今後も活躍してMステあたりに出演してほしいなぁと願っております。

それではまた次回!

 

帰り道

帰り道

いつかの自分 - EP

いつかの自分

Scrap & Build

Scrap & Build

 

Scrap & Build(初回生産限定盤)(DVD付)

Scrap & Build(初回生産限定盤)(DVD付)

 
帰り道(初回生産限定盤)(DVD付)

帰り道(初回生産限定盤)(DVD付)

 

曲名に「雨」のつく名曲5選

どうもこんにちは。

今日の午前中は「雨」がトレンド入りするという珍しい出来事がありましたが、僕の住む静岡県ではもうすっかり雨がやんで......まぁまだ曇っていますかね。

雨の日というのは何となく気分が沈みがちになって切ない歌でも聴きたくなるのですが、その気持ちを代弁してくれるような「雨」のつく歌が世の中にはたくさんあります。

ということで私が僭越ながら、5曲ほど曲名に「雨」がつくものをピックアップしていきます。

それでは早速まいりましょう。

  • 最後の雨

www.youtube.com

いやぁ、切ない(笑)
この曲、1992年に発売されたシングルなのですが実は今年10月の終わりにiTunesで上位100位に食い込むという偉業を成し遂げました。
おそらくCS放送の『MUSIC ON! TV』で『秋のセツナソングカラオケ特集』として取り上げられたことが一番の要因かと思いますが、この圧倒的な歌唱力とそれに付随する説得力!

本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしない 誰かに盗られるくらいなら強く抱いて君を壊したい

クーッ!いやぁ、女性的にはこう思われたら嬉しいんだろうな、なんて想像してしまいますが、その想いも雨に流されてしまうのでしょう(寒い)
これはカラオケで気持ちよく歌えたら最高に楽しいでしょうね。

 

  • 雨の慕情

www.youtube.com

これは以前別の記事で紹介したのですが、八代亜紀さん1980年のシングル曲。そして作詞は往年のヒットメーカー阿久悠さんでございます。

music-sick.hatenablog.com

「雨々ふれふれ もっとふれ」というサビが一番有名かと思いますが、これはその後の「私のいい人連れてこい」まででワンセットです。
雨と一緒に想い人まで来てくれないかという、これもやっぱりセツナソングですね。

 

www.youtube.com

1990年に発売された森高千里さんのシングル曲。雨になるとこの曲が聴きたくなる人は多いのではないでしょうか。
やっぱり雨というと「流れていく」というところから過去の思い出も洗い流してくれるという歌詞が多いと思いますが、個人的にはこの曲がその先駆的立ち位置にいるのではと思っています。(違ったらすいません)
ちなみに作詞は森高千里さん本人で、カップリングは『カップ・ミュードル』という曲です。
どうやら「カップ・ヌードル」という言葉が商標登録されているらしく使えなかった模様。うむ、切ないなぁ。

 

  • 雨と泪

www.youtube.com

この曲はゆずが1998年発売したアルバム『ゆず一家』に収録されたナンバーです。
東日本大震災の直後ゆずが仙台でおこなった弾き語りライブでも披露されましたが、シングル曲ではないにもかかわらずファンの間では人気のある曲です。

そんなに泣かなくていいんだ そばにいるよ だから自分の足で歩こう 君の泪はいつか大粒の雨になり大地を固めるのだから

この歌詞に救われた人が一体何人ほどいるのかは分かりませんが、歌というのはやはり日常に必要不可欠な要素だなという思いを強めてくれます。

 

  • LOVE RAIN ~恋の雨~

www.youtube.com

これは切ない歌ではないのですが、久保田利伸さんが2010年に出したシングル曲。好きだったので載せちゃいました(笑)
フジテレビ系TVドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』の主題歌にもなった曲です。

しかし雨の使い方が秀逸。

止まらない雨が 恋が降らせた雨が ふたりを昨日へ返さない

こんな歌詞浮かんできますかねぇ。それより何より歌がうますぎて(笑)
恋愛の駆け引きというか、その難しさみたいなものを喜びに昇華させているような感じを受けますが、いや歌うまいですねぇ。
この曲は雨のテンションが低いときに聴くとハッピーになれる曲だと思います!

ここまでで本日は以上。
若者に大人気なAAAの『雨空と恋音』などのカラオケ定番曲はあえて外してみましたが、これ以外にもたくさん「雨」のつく良曲はありますのでぜひ検索してみてください!

それではまた次回!

最後の雨

最後の雨

雨の慕情

雨の慕情

雨

雨と泪

雨と泪

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250
LOVE RAIN ~恋の雨~

LOVE RAIN ~恋の雨~

  • 久保田 利伸
  • R&B/ソウル
  • ¥250

【ジョージ・マイケル追悼】Wham!の有名曲まとめ

どうもこんにちは。

本日2016年12月26日の朝、世界を驚かせたニュースが報じられました。

なんとGeorge Michaelさんが25日に亡くなったというのです。
しかも享年53歳ですよ。早すぎますって。

 

ちょうど先日クリスマス特集と題してWham!(ワム!)の『Last Christmas』を載せたばかりですが、まさかその名曲が一番世間で流れる日にこの世を去るとは。。。
運命とはなかなかに数奇なものです。

music-sick.hatenablog.com

何だか今話題だからと亡くなった人を特集するのは些か気が引けるところではありますが、これを機にLast Christmas以外の名曲も記憶に留めていただきたく少しだけWham!ジョージのソロ曲をご紹介いたします。

その前に、Wham!とはGeorge Michael(ジョージ・マイケル)さんとAndrew Ridgeley(アンドリュー・リッジリー)さんの2人組デュオです。
1980年代前半を象徴するような存在で、当時日本公演をおこなったこともあります。

そんな彼らの代表曲としては、まずこの曲。

www.youtube.com

僕がWham!を知ったきっかけでもあるこの曲ですが、タイトルを『Wake Me Up Before You Go-Go』といいます。
ちなみに日本語名では『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』という口にするだけで赤面しそうな名前がつけられていますが、この「ウキウキ」に象徴されるように曲調はかなりポップでキュートです。
Wham!という名前を今日はじめて知った方も、もしかするとこの曲は聴いたことがあるかもしれませんね。
アメリカ、イギリスで1位という偉業を成し遂げた曲でもあり、世界的に有名です。

しかしこのPVが80年代感をいい意味で裏切っていないというか、「あぁ、人気だったんだな」と一目で分かります。
そしてよく動いているイケメンがジョージです。
・・・あれ、両方動いているか。

まぁ歌を歌っているほうと言ったほうがいいでしょうかね。
この甘いルックスで一体幾人もの女性を魅了してきたのか・・・。まぁそれはイイでしょう。


そしてこの曲も超有名。Wham!の『Freedom』です。(曲の始まりは1:14~)

www.youtube.com

サビはおそらく多くの方が知っているはずです。(動画でいう2:15~)
5年ほど前、KIRINの『キリンフリー』でCMソングとして起用された曲です。まぁ多分ノンアルのフリー(Free)とこの曲のタイトル(Freedom)を結び付けただけのような気もしますが(笑)

www.youtube.com

このCMから5年・・・だと!?にわかには信じられませんな。


そして上の『Wake Me Up Before You Go-Go』と『Freedom』が発表される間にリリースされたのがこの曲。
George Michaelのソロ曲『Careless Whisper』です。

www.youtube.com

上の2曲とは打って変わってしっとりとした大人なバラード調の曲。

実はこの曲、日本でも数多くの人がカバーをしていてそこで知った方も多いのではないでしょうか。

例えば発売した年に西城秀樹さんが『抱きしめてジルバ』というタイトルで、そしてその1ヵ月後に郷ひろみさんが『ケアレス・ウィスパー』というタイトルで同じ曲をカバーしています。(動画は西城秀樹さん)

www.youtube.com

西城秀樹さんの曲としてすでにヒットしていた音楽市場に郷ひろみさんが突如乱入していったわけですから多少混乱も生じたのかもしれませんが、この年の『夜のヒットスタジオ』で2人のカバー対決なるものが繰り広げられたそう。
これは結構レアなことだと思います。

そして他にはフジテレビ系『LOVE LOVE あいしてる』(『堂本兄弟』の前身番組)内でL'Arc~en~Cielのhydeさんがカバーを披露したこともあります。

www.youtube.com

まぁ他にも色々とあるのですがキリがないのでこの辺でやめておきましょう。


そしてこの曲『Last Christmas』

www.youtube.com

日本では何だかんだで一番有名ですかね。
そしてこちらのほうが遥かに日本でカバーされた回数が多いのですが、その情報は多分まとめサイトとかWikipediaとかに載っているので見てください(笑)

まぁ若い世代にはこのカバーが一番馴染み深いかと思います。
2008年発売のEXILE『LAST CHRISTMAS』です。

www.youtube.com

明治「クリスマス手作りチョコレート」のCM曲としても起用されていました。


他にもジョージの甘い声が光る名曲ばかりですが、今回はここまで。

それにしても2016年、1月のDavid Bowieに始まりすぐ後にはイーグルスのグレン・フライもこの世を去り、翌月にはアースのモーリスや4月のプリンスなど・・・ロック史に残る「呪われた年」として語り継がれそうな気もします。

一時代を築いた大物が多くこの世を去ってしまいました。ご冥福をお祈りします。

それではまた次回。

 

Wake Me Up Before You Go Go

Wake Me Up Before You Go Go

  • ワム!
  • ポップ
  • ¥200
Freedom

Freedom

  • ワム!
  • ポップ
  • ¥200
Careless Whisper

Careless Whisper

Last Christmas

Last Christmas

  • ワム!
  • ホリデー
  • ¥200
ザ・ファイナル

ザ・ファイナル

 

ガキの使い年末スペシャル放送前 これまでのエンディングまとめ

どうもこんにちは。

昨日顔見知りの中学生とたまたま近所でバッタリ出会って少し話をしたのですが、その家では中学生までサンタさんが来るようで、今年もお願いをしたのだと。
そこで何を頼んだのかと試しに訊いてみたら「1万円」と言っていました。
・・・世知辛い世の中です。

まぁそんなこんなでクリスマスも終了に向かい、残すは大晦日のみですかね。
と言っても大晦日って蕎麦を食べることくらいしかすることが無い上にその行為自体も30分くらいで終わってしまうので何とも言えない感じが否めません。

しかしテレビだけはかなり豪勢で、毎年何を観ようかと悩んで結局ガキ使に落ち着くという生活をかれこれ5年ほど繰り返していますが、そういえばガキ使って毎年ラストに豪華なアーティストを迎えて替え歌を披露していますよね。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

というわけであと数日ありますがその前におさらいということで『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 年末スペシャル 笑ってはいけないシリーズ』で歌詞が改変されたものたちをご紹介。

当初この企画は存在しなかったのですが、段々と年末特番として定着していくにつれこの企画が定番化していきました。それによって今回紹介するのは今の流れになった2008年年末(第6回)からとします。

2008年:第6回 新聞社24時
サンプラザ中野くん(爆風スランプ)『大きな玉ねぎの下で 〜はるかなる想い』

www.youtube.com

ちなみに替え歌タイトルは『大きなたまねぎのそばで 〜腫れ上がるお尻』でした。

 

2009年:第7回 ホテルマン24時
つんく♂(シャ乱Q)『シングルベッド』

www.youtube.com

 

2010年:第8回 スパイ24時
立川俊之(大事MANブラザーズバンド)『それが大事』

www.youtube.com

 

2011年:第9回 空港24時
奥田民生『愛のために』

www.youtube.com


2012年:第10回 熱血教師24時
藤井フミヤ『TRUE LOVE』

www.youtube.com

ちなみに替え歌タイトルは『TRUE LAUGH』でした。
 
2013年:第11回 地球防衛軍24時
斉藤和義『やさしくなりたい』

www.youtube.com


 
2014年:第12回 大脱獄24時
ウルフルズ 『バンザイ 〜好きでよかった〜』

www.youtube.com

 

2015年:第13回 名探偵24時
Every Little Thing 『fragile』

 (動画無し)

まぁ他にも記憶にある限りでは中村あゆみさんの『翼の折れたエンジェル』や岩崎良美さんの『タッチ』などもありましたが、今年は一体どなたが出演されるのか。
今から楽しみにしておきたいと思います。

www.youtube.com

www.youtube.com

それではまた次回!

大きな玉ねぎの下で

大きな玉ねぎの下で

「シングルベッド」

「シングルベッド」

それが大事~完全版~

それが大事~完全版~

  • 大事MANブラザーズオーケストラ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes 
愛のために

愛のために

  • 奥田 民生
  • ロック
  • ¥250
TRUE LOVE

TRUE LOVE

やさしくなりたい

やさしくなりたい

バンザイ~好きでよかった~

バンザイ~好きでよかった~

  • provided courtesy of iTunes 
fragile

fragile

ガキ使のDVDをAmazonで検索