読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽初心者の戯論

事情通でもプロでもない、ろくな知識も持ち合わせていない人間が、徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

CDは永久に不滅だ!

どうもこんにちは。

もうい~くつ寝ると~正月明けの現実~♪(字余り)って感じですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
どうやら昨日の夜あたりが帰省のピークだったようで、段々とコタツでゆっくりという生活からもおさらばしなければならないのかなぁなんて思うと心が......やめましょう。ブログまで現実たっぷりなんていよいよ逃げ場所が無くなります。

さて、色々と波乱に満ちた2016年が終了し、2017年がやってきましたが今年はどんな出来事が起こるのでしょうか。
まぁそんなことを考えていても仕方がないので楽しみにするだけにしておきますが、イイことも悪いことも含めて誰も予想だにしないことが起きるんだろうなということくらいは何となく分かります。

もしかすると現時点では無名のアーティストが国民的スターになるかもしれませんし、誰もが知る大御所アーティストが不祥事を起こして引退なんて可能性もゼロではありません。

おそらく20年前は、CDがあまり要らなくなる時代が来るなんて予想できた人はごく僅かしかいないでしょうし、例えいたとしても「そんなまさかな!」なんて笑い飛ばされて終了だったことでしょう。

正直僕もあまり昔のことは憶えていないのですが、一般的に音楽の保存容器としてレコードが売れ始め、それをコンパクトにしたCDやMD、カセットテープなんかが出てきたような気がします。
そして今は音楽をモノとしてではなくデータとして保存するのが一般的になり、iPodだったりWALKMANだったりが広く使われるようになりました。
とはいえそこまで音質にこだわらなければスマートフォンでも代用可能なため「音楽プレーヤー」を持ち歩くというよりは「スマホ兼音楽プレーヤー」を使うと言ったほうがいいのかもしれませんね。

そしてそんな流れの中で消えていったVHS、カセット、MD、フロッピーなどなど。
時代が変わるにつれて同じ機能を持つ使い勝手の悪いものは淘汰されていくのが世の常ですので、上に挙げたものはもう無くなったといってもいいでしょう。

現実にはまだ製造しているのかもしれませんが、シェアに占める割合は微々たるものです。

たまに「あっ、こりゃ懐かしいなぁ」なんてのはイイのかもしれませんが、それこそカセットなんて裏返して巻き戻してなんて毎回やっていたら「あぁっ!もうCDでいいよ!」となることでしょう。

と、ここでいきなり問題提起。
ではCDも同じように消えてしまうのでしょうか。

時代は今やデジタル真っ盛り。
「今さら持ち運びなんて時代遅れだぜ!」なんて言わんばかりに巷にはダウンロードやストリーミングが充実してきていますが、だとすれば同じようにCDちゃんもグッバイしてしまう日が来るのか!

でもやっぱりそんなことは未来にならないと分かりません。
「ほら!やっぱりCDは残っただろ!?」となるか「ほら!CDも消えただろ!?」となるか。

ちなみに僕としてはですね、僕個人の見解としては、前者だと思うんですよね。
要はCDは残ると。CDは永久に不滅だ!と。

それだけ書いても「はぁ、そうですか」となって終わりそうですので一応そう思った理由も書いておきます。

  • 1つ目は単純に今も残っているから。

これまで音楽を保存する方法ってかなりたくさん開発されてきましたが、その中でCDはずっと生き残り続けていますよね。
レコードより小さくて軽い。レコードより壊れにくい。安い。音がいい。曲飛ばしや早送り、巻き戻しが簡単。容量が多い。etc...
挙げればキリがないですが、CDって結構優れものだと思うんですよね。
たくさん聴いてもレコードやカセットのように音も悪くなりませんし、コンパクトでしかも盤面がなんか光ってカッコイイ!

一応形もレコードと似た円盤状ですので、レコードをこよなく愛していた人もそこまで抵抗なく移行できたのではないでしょうか。

  • 2つ目は多分モノとしての最終形態だから。

上のほうで書いたようにCDが一般的になる前はレコードがあったわけですが、これは操作性がよくコンパクトなCDに取って替えられました。
その間には小ささではCDに引けを取らないカセットテープもありましたが、こちらは毎回巻き戻さなければならない面倒臭さなどが原因でCDに負け。

「じゃあ小さくて使いやすいものならイイのか!」とCDをさらにコンパクトにしたMD(ミニディスク)や8cmシングルなんかもありましたがこれも消えていきました。
まぁその原因は単に容量が少ないからだと思います。
CDは80分くらいぶっ通しで聴けますが、それこそ8cmシングルでは数曲分しか入りません。

......しかし懐かしいですね、8cmシングル。
僕はギリギリその世代なのですが、パキッと折ったりはしませんでしたよ、えぇ。

www.musicvoice.jp

ゆずのデビューシングル『夏色』なんかはこの8cmシングルで、タワレコなんかにはそのまま売っています。(下:ゆず『夏色』のシングル)

夏色

まぁそういうわけで「CDでいいじゃん!」が広まり見事覇権を勝ち取ったCD。
レコードなど他の媒体については正直微妙ですが、CDは今後もそういうわけで残るのではないのかと。

  • 3つ目はアイテム化されているから。

何となく「アイドルの台頭によりCDがもはやグッズ化されてしまった」なんて見方が一般的ですが、個人的には悲観的に捉えるどころかむしろ「来るべき日が来たか」という感じでした。
たしかに僕の友達でアイドルのCDを20枚買って握手券だけ確認して即売るとか「ちょっとどうなのよ」って人もいますが、アナログからデジタルへと移っていく中で、CDは「音楽を聴くためのもの」から「アーティストの発信するグッズ」となっていきました。

これはかなり強引な物言いですので多少語弊はあるのですが、何を言いたいかというとつまり「音楽を聴かないからCDを買わない」とはならないということです。

例えばライブに行ったときにタオルとかグッズ販売に行きますよね。いや僕は節約のため行かないですけど(笑)
そのときグッズの今後の用途を考慮する人なんておそらくいなくて、そのときの記念だったり、単に好きなアーティストのグッズだから持っていたいと思うだけの方が大半だと思います。

そしてCDもそれと同じになりつつあります。もちろん今は聴く用に買っている人が多いと思いますが、それでもパソコンにデータだけ落とし込んで後は棚の奥にしまっておくなんて人も少なくはないでしょう。

それに何よりCDはそのアーティストを応援できる一番の品です。
アニメ業界でも続編を希望する作品ではBlu-Ray/DVDを購入するというのが公式が認める作品への応援方法になっていますし、ついこの間はSMAPの『世界に一つだけの花』の購買運動で300万枚の大台に乗ったとのニュースが報じられてもいました。

www.musicvoice.jp

このようなことから、CDはただ単に音楽の入れ物としてだけではなくアーティストとファンを繋ぐアイテムとしての機能性を持ち始めたのではないかと考えられます。

長くなりましたが、以上が僕の考えるCDのこれまでとこれからのあり方です。
きっとCDの生産枚数自体は減少の一途をたどるのでしょうが、おそらく消滅というのは随分と先の話になると思います。

というわけで久しぶりに真面目な記事でございました。

それではまた次回!

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

 

久石譲『One Summer's Day』

どうもこんにちは。

正月早々いい天気で何よりです。
さて、毎年お正月には初詣で神社やお寺が賑わうのですが、僕は初詣どころか昨年一度もどこにも詣でておりません。
まぁ一般的にも初詣が1年通して最初で最後みたいな感じなのかもしれませんが、僕はその中でもかなり罰当たりだなぁなんて思いつつこうしてブログを書いております。

本日は久しぶりに1曲だけ僕の好きな曲を紹介しようと思います。

それはこの曲!

www.youtube.com

久石譲さんの『One Summer's Day』です。

題名にピンとこなくとも、曲を聴いていただければ一発でわかると思います。
はい、ご存知『千と千尋の神隠し』のOPで使用された曲でございます。

ちなみに映画『千と千尋の神隠し』のサウンドトラックにはこの曲が『あの夏へ』として表記されていますが、曲自体が別物というわけではありません。
説明の必要性は正直あまりないのですが、『あの夏へ』は『千と千尋の神隠し』のサントラとして、『One Summer's Day』は久石譲さんのソロ作品としての名前というだけです。

千と千尋の神隠し サウンドトラック

千と千尋の神隠し サウンドトラック

 

まぁ『あの夏へ』はサントラなので展開に合わせて弦楽器なども多く加わり、特にお父さんが山道を車でぶっ飛ばすあのシーンなんかは迫力が満点です。(そうですサムネのシーンです)
一方『One Summer's Day』では音源が実は2種類(ストリングスが入ったバージョンと久石さんのピアノソロバージョン)あるのですが、そのいずれも最後の迫力満点シーンはなく、割と静かなままで終了です。

最後の緊迫シーンまで入ってナンボという方もいらっしゃるかもしれませんが、僕は静かなままで終わる『One Summer's Day』のほうが(聴くだけだったら)好きです。
寝る前とかに聴くと本当に安眠できるんですよ。

いやなんだか宣伝チックになって申し訳ないのですが、久石譲さんの2014年のアルバム『ジブリ・ベストストーリーズ』はジブリの名曲を久石譲さん自らがプロデュース・再編曲して収録したもので、全編ピアノアレンジになっているので何の抵抗もなくスッと入ってきます。

ジブリ・ベストストーリーズ

ジブリ・ベストストーリーズ

 

まぁ正直曲に関して「ん?」と思うものも無くはありませんでしたが・・・ポニョとか。ポニョとか。ポニョとか。

 

と、とにかくそれはイイとして『One Summer's Day』の話題に戻りましょう。
僕がこの曲を最初に聴いたのは記憶にないくらい昔のことですが、映画音楽の一部としてせいぜい「いい曲だなぁ」程度にしか思ってなかったんですよ。
そして時が経って今、2017年・・・ではなくもうちょい前の2014年あたりですかね。

金曜ロードショーか何かで『千と千尋の神隠し』が放映されたのですが、そのとき聴いた『あの夏へ』で「え、何コレめっちゃイイ曲じゃないすか!」となり上の動画を始めとしたYouTubeで聴いてはしみじみとしていたわけです。
とまぁそんな具合に生活を送っていたのですが、するとどうやら紅の豚のサントラも僕の好みらしいぞということに気付き、おっ、ナウシカとかもう最高!ってなっているうちにすっかり虜になっていきました、はい。

久石譲さんの曲って、1回聴いたら「あ、これは久石さんの曲だな」って分かるのと同時にスッと心に染み入ってきませんか?
これがかなり心地よいといいますか、う~ん。もう僕は信者と化してしまっているのでカップルの惚気話みたいに退屈なことしか言えません(笑)

ぜひご一聴ください!はい!それだけです!

それではまた次回!

あの夏へ

あの夏へ

  • 久石 譲
  • サウンドトラック
  • ¥250
One Summer's Day

One Summer's Day

  • 久石 譲
  • J-Pop
  • ¥250
One Summer's Day

One Summer's Day

  • 久石 譲
  • J-Pop
  • ¥250

 

THE BEST OF CINEMA MUSIC

THE BEST OF CINEMA MUSIC

 
ジブリ・ベストストーリーズ

ジブリ・ベストストーリーズ

 

 

ガキ使SPエンディング 米米クラブ『君がいるだけで』

どうもこんにちは。

あ、明けましておめでとうございます。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年...いえ、年末のテレビはどうなさいましたか?
僕は以前記事でも書きましたとおり毎年恒例で「ダウンタウンガキの使い 大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけない科学博士」を5時半あたりから待機して観ました。

いやぁ、今年も最高でしたね(笑)
前々からジミー大西さんが今回はすごいぞということは聞いていましたが、ホントに想像以上でしたね。

毎年年末のガキ使は「これでラスト」という噂がどこからか流れるのですが、今回もちゃんとやってくれました。

まぁこちらは一応音楽の情報を書いているブログですので本来ならば紅白やCDTV年越しスペシャルなんかについて書くべきなのでしょうが、ちょっと私利私欲に負けました(笑)

というわけで、せっかく以前こんな記事も書いたことですので

music-sick.hatenablog.com

今回のEDを担当した米米クラブの『君がいるだけで』を少し紹介。

www.youtube.com

今回の歌詞はコチラ。

ふじわら 君がいるだけで 今年もおしり痛いこと
何より大変な罰で 気付かせてくれたね

銭形の罠に つい引き込まれ
思いもよらない 夫婦でのキスよ
ひとりの弱さも 知らないくせに
ハコ乗りのセダンを 走らせていた
ドッキリくらった時の由樹や
笑点メンバーに 言われたら
wow wow タイキック

後だし 勝負するだけで 老化がバレてしまうこと
何より大切なものは 愛娘のトリトン

裏切りのデビちん 騙されたヒロミ
ハリセンでしばいて 久々のテレビ
企画書だけでの 安請け合いで
やりすぎた斎藤 声が潰れてた
なぜにもっと 素顔を出さなかったのだろう
君は誰 wow wow 上川

ローラが 無理してる たけし
浅野が 上手く踊ること
原田は裸の仕事の オファーが増えそうだね

竜ちゃん オナラ出したい
哲ちゃん こらえて
ウランちゃん 袋返して
ジミーちゃん 目覚めて

乳首を ドリルするだけで 徳馬が笑いとれること
蝶野は いつの時も ビンタで 方正を追い詰める
毎年 ガキがあるだけで 体にガタがきてるけど
いつでも いつの時も 5人で 笑って過ごしていたい

最後はきちんとハッピーエンドになっているところがいいですね。一応動画がありましたので載せます。消されるかもしれませんが。

www.youtube.com

さて、本題へ。

米米クラブは1985年にメジャーデビューしたロックバンドで、代表曲には今回の『君がいるだけで』の他に『浪漫飛行』なんかが有名。

www.youtube.com

前身が映画研究部だったようで、そのときメンバーの1人が「トム・トム・クラブ」を「コメ・コメ・クラブ」言い間違え、それがかなりウケたためバンド名になったとの説が一番有名です。

米米クラブは上に挙げた2曲が一番有名ですが、デビュー当時から所謂「イロモノ」として扱われていたようで、リリースする曲の曲調もJ-POPよりのものよりもロックのイメージが強い感じでした。

スピッツと同じで「何となく聴きやすい曲を歌っている人たち」というイメージを持たれがちですけどね。

music-sick.hatenablog.com

そしてライブやコンサートでの演出もかなり長けていたので、今のエンタメ性重視型コンサートの土台を作ったのはもしかすると彼らかもしれません。

まぁ曲に戻りますと、『君がいるだけで』は1992年にリリースされ、フジテレビ系月9ドラマ『素顔のままで』の主題歌に起用されました。
ちなみにWikipediaによるとこのシングルの累計売り上げがなんと289.5万枚!

先日「世界に一つだけの花」が累計300万枚の偉業を達成したというニュースがありましたが、それに決して劣らない記録ですよ。いやぁすごい!

www.oricon.co.jp

今回の放送で気になった方はぜひチェックしてみてください!

それではまた次回!

君がいるだけで

君がいるだけで

浪漫飛行

浪漫飛行

 

米~Best of Best~

米~Best of Best~