音楽初心者の戯論

音楽初心者の戯論

徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

栄華なる映画音楽②

どうもこんにちは。


さて、お酒の席では音頭は長くすると嫌な顔をされることが多いように思いますが、だとすればこうして無為につらつらと文を並べるより、早々に企画へと流れてしまえばいいのではないのか?なんて思ったりもしたのですが......
なかなか難しいところですよね。

前置きなしに用件だけパッパッと済ませてしまうのも確かに合理的でスマートではあるのでしょうが何だかつまらないですし、かといっていつまでも本題に入らないこのブログのような感じでは本当に見てほしい、聞いてほしいときに肝心のオーディエンスが誰もいないという悲しい状況になってしまいます。

まぁ結局、上手く折り合いをつけることが大切だということですね。
......そのタイミングが分かれば苦労しねぇよという気もしますがそれでは企画へ! 

 

本日は前回に引き続いて映画音楽ランキングの5位から1位を発表!
なおこのデータは2016年11月1日12:00現在のランキングを元に製作した......つもりです。違っていたらすいません(笑)

 

それでは5位!

 これは説明不要でしょう。

曲名にもありますが映画『タイタニック』の主題歌です。
1997年にはこの曲が『アカデミー歌曲賞』を受賞。グラミー賞も総なめ状態で、海を隔てた日本でもレコード大賞特別賞その他諸々を受賞するなど、とにかくえげつない曲でございます。

 しかし一体どれほどの人がこの曲をカラオケで歌おうとして散っていったのか......
どうやらセリーヌ・ディオンさんの圧倒的な歌唱力の前に僕たちはただ戦慄するしかなさそうですね(笑)

 

そして4位!

Change the World

Change the World

 大御所エリック・クラプトンさんの『Change the World』がここでランクイン!最近では缶コーヒー『BOSS』のCMソングとしても使われていました。
しかしご存知でしたか?こちらの曲、実はカバー曲だったのです!

いやぁ、僕も今回初めて知りました(笑)
なんでも女性カントリー歌手のワイノナ・ジャッドさんが1996年2月にこの曲が収録されたアルバムを出したらしいのですが、この後がまた驚き。
なんとクラプトンさん、5ヵ月後の1996年7月にはこの曲をカバーして発売。
そしてこの年の映画『フェノミナン』の劇中歌としてグラミー賞の3部門受賞を見事達成し、こうして後世まで歌い継がれています。
...と書くと「なにそれさいてー!」という意見も出てきてしまうと思いますが、まぁ裏では色々あったんじゃないんですかねぇ。
クラプトンさんのカバーありきでの発売とか、どちらにしても印税は彼女へ行きますし、クラプトンさんがカバーしなければこの曲が日の目を浴びることは恐らくなかったので、結果としては良かったのではいかと思うんですよね。

フェノミナン [DVD]

フェノミナン [DVD]

 

  

いよいよ3位!

Lil' Infinity

Lil' Infinity

  • AAA
  • J-Pop
  • ¥150

 こちらは最近の曲です。2015年2月にリリースされたAAAのミディアムナンバー。
この曲は20世紀フォックス配給映画『きっと、星のせいじゃない。』のイメージソングとして起用。

って憶えていますか?実はこの映画、前回の記事にも登場しました。

そうです。10位にランクインしたCharli XCXさんの『Boom Clap』がこの映画の挿入歌。この曲が日本版イメージソングです。
そしてこの曲の発売当時AAAはデビュー10周年に向けて7ヶ月連続シングルリリース企画が始動しており、こちらはその第2弾。
ちなみにこの映画は寡少な制作費に対して売上が全世界で3億円以上とかなり大成功した例の1つでもあります。

AmazonでDVDまたはBlu-rayを購入

 

そしてそしていよいよ大詰め!第2位!

怒りをくれよ

怒りをくれよ

  • GLIM SPANKY
  • ロック
  • ¥150

このジャケットだけでピンと来る方もいらっしゃるのではないでしょうか。
こちらの『怒りをくれよ』は今年夏に公開された映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌でございます!
各方面のメディアからもこの曲はかなり評価が上々で、何でもこの映画の主題歌に抜擢されたのもONE PIECE原作者の尾田栄一郎さんたっての希望だったとのことらしく、その期待に見合うような力強い曲となっています。
iTunesのランキングでも一時期見事1位を奪取するなど、今注目のアーティストです。
そしてこちらの映画も12月28日にDVD/Blu-rayで発売予定です。
ぜひこちらも併せてチェックしてみてください!

→ AmazonでDVDまたはBlu-rayを購入

 

さぁ、きましたよ1位です!栄えある1位はなんとこの曲!

I Don't Want to Miss a Thing

I Don't Want to Miss a Thing

 ......という時のBGMでも流れそうですね(笑)

説明不要!エアロスミスさんの『I Don't Want to Miss a Thing』です。
曲だけ聴いたことがあってタイトルを知らない人にとっては「曲名こんな長かったんだー!」という感想もあるでしょうが、日本では専ら『ミス・ア・シング』なんて言われたりしますね。

......いや、これを書いた後で言うのも何なんですけど、曲の邦題ってダサくないですか?(笑)
こんなこと言うと怒られそうですが、変な邦題を付けられるとですね、せっかくその曲を知っていたとしても逆に分からなくなるという事案が発生して混乱するんですよね。まぁ最近は随分と減りましたが、70年代、80年代の洋楽は結構ヒドいものもあったりしますね。勿論素晴らしいものもあるんですけどね。

そしてこちらは言わずもがな1998年公開の映画『アルマゲドン』の主題歌ですが、世界中の至るところのチャートを席巻。
世界中どこに行っても多分この曲は知られているのではないでしょうか。
なのでもし機会があったらイタリアあたりで「ドンワナクローズマイア~~イズ!!」と唐突に叫んでみるのも良いでしょう。すると多分近くにいた3~4人の方が一緒にハモってくれます(くれません)。

アルマゲドン [Blu-ray]

アルマゲドン [Blu-ray]

 

 

 さて、どうでしたか?映画音楽ランキングTOP10は。
知っている曲、知らなかった曲。知ってそうで知らなかった曲や知らなさそうで知っていた曲なんかもあったのではないでしょうか。

そう考えると、「あれ、この曲知ってる!」となる曲はまだまだあなたの中に眠っているのだと思います。
何となく日々を過ごしていても音楽は意外と聞こえてくるものですから、あるとき意識的に捉えるのもまた面白いかもしれませんね。

 

そして次回ですが、僕が独断と偏見で選んだ映画音楽をちょっとだけ紹介していきます。
とは言っても超有名どころを掬う感じにしますので気軽にお楽しみください。

 

それでは、また次回!