読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽初心者の戯論

事情通でもプロでもない、ろくな知識も持ち合わせていない人間が、徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

栄華なる映画音楽③

コラム iTunes特集

 どうもこんにちは。

今回は先日予告した通り、僕の紹介したい映画とその主題歌を並べていくことにします。

ただちょっと多くなりそうなのでこちら2回に分けての企画となります。

お付き合いのほどよろしくお願いします。

そしてまぁお察しの通り、今回も<本日のピックアップ>はお休みです。すいません。

 

まぁその前にいつものiTunesランキングTOP10をどうぞ。

1 -
2 -
3
4
5
6
7
8
9
10

いやぁ、 新曲が続々と到着してきましたね。

実は昨日の夜の時点ではなんと星野源さんの『SUN』が10位に入っていたのですが、今は惜しくも11位!

そして3位にランクインしたのは乃木坂46の『サヨナラの意味』。

あまりアイドルには詳しくないのですが、楽曲の良さというのは折り紙つきだったりしますよね。

CDはもはやアイテム化されて、それ自体に音楽の価値を当てはめるのは些か無理があるような時代になりましたが、しかしこうしてダウンロードサイトで上位を取る楽曲というのは少なくとも良い曲であるのは間違いないのかなと思います。

個人的には大人数という特徴を有効活用した重厚なハーモニーが素敵だなと思いますね。

 

 

それでは早速企画へ!

 

まずはこちら!

日本の映画の中ではかなり有名だと思います。『海猿』シリーズ第二弾の『LIMIT OF LOVE 海猿』主題歌。
伊藤由奈さんの『Precious』です。

Precious

Precious

  • 伊藤 由奈
  • J-Pop
  • ¥150

 個人的に海猿は2000年代の日本を代表する映画と言ってもいいのではないかと思うほどで、しかも全て隈なく感動できるという。
そして第4作の『BRAVE HEARTS 海猿』が2012年に公開されたのですが、当時それを僕の知り合いが「ちょっと泣きたいから見に行こうよ」と誘ってきたので映画館に足を運んだんですよ。
そうしたら映画のラスト、まぁ所謂感動シーンですね。周りから鼻をすする音が聞こえ、僕もちょっと涙腺が緩みかけていたのに肝心の友達はなんと居眠り!
結果一番重要なシーンでお互い別の事情により感動できなかったという悲しみの涙を流すことになりました。

……まぁそんな個人的な話はどうでも良いと思いますが、超感動作とあって他の主題歌もまたいいんですよ。
第2作は上の『Precious』。そして2004年公開の第1作はこちら。

Open Arms

Open Arms

  • ジャーニー
  • ロック
  • ¥200

 現在ロックの殿堂にノミネートされているJourneyの『Open Arms』です。
こちらも名曲。ホントに良い歌です。いやぁ、沁みます。
そしてその翌年、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマではこの主題歌。
はいそうです。ご存知B'zの『OCEAN』

OCEAN

OCEAN

  • B'z
  • ロック
  • ¥250

 もうここまででハズレが無い気がしてきました。
そして2006年の第二弾を挟んで3作目。2010年公開の『THE LAST MESSAGE 海猿』主題歌がこちら。
EXILEの『もっと強く』です。

もっと強く

もっと強く

 僕は普段あまりEXILE系は聴かないのですが、この曲は良いなぁと思って当時結構聴いていました。
そして僕の思い入れが深い(!?)2012年公開の映画『BRAVE HEARTS 海猿』の主題歌はこれ。

Believe

Believe

  • シェネル
  • R&B/ソウル
  • ¥150

 ここまでくると最近だなぁなんていう感想も出てきたりしますが、もう4年も前の話。
この曲もかなりヒットしてですね、今ではもう廃止されましたがRIAJ有料音楽配信チャートの歴史に残る売上を記録しました。
以上が海猿の主題歌でございます。
曲だけ見てももう豪華すぎてこの映画の凄さを物語っているように思います。

もしまた感動したくなりましたらどの話でもきっと心を満たしてくれると思いますのでぜひどうぞ!

『海猿』をAmazonで検索

 

そして次はこちら。

OH MY LITTLE GIRL

OH MY LITTLE GIRL

  • 尾崎 豊
  • J-Pop
  • ¥150

 はい、尾崎豊さんの『OH MY LITTLE GIRL』でございます。
言わずと知れた名曲ですが、こちら最近ではこの映画の主題歌になったことが記憶に新しいかもしれないですね。

ホットロード [DVD]

ホットロード [DVD]

 
ホットロード [Blu-ray]

ホットロード [Blu-ray]

 

 はい、2014年公開の『ホットロード』です。能年玲奈さん(今はのんさん)や登坂広臣さんが主演を務め、この年かなり話題になった作品です。

そして若い世代(僕もですが)は知らないと思いますが、1994年、今から22年前ですかね、この年にフジテレビ系テレビドラマ『この世の果て』で主題歌に抜擢されたのがそもそもの発端。
このドラマは所謂『月9』で視聴率も良く、シングルは最終的にミリオンセラーとなるほどに売れました。

 

どんどん参りましょう。今回は日本の歌が多めです。

花

 最近の曲......かと思いきや2004年10月発売のこの曲。なんとこの曲が世間に発信されてから12年もの歳月が流れていたらしいです。おうっ、怖い!

ORANGE RANGEはこの『花』が最大のヒット曲であり自身初のミリオンセラーを達成した記念すべき曲......とは手放しで言えるわけでもないようで。
チャート成績が曖昧なため、ある集計ではミリオンを達成していますが、別の集計では僅かにミリオンに及ばずという結果だったらしく、まぁどちらにしても凄いことに変わりはないんですけど、とにかくそんなこんなでヘタなことは言えない、でも20歳代以上の国民なら大抵知っている曲となりました。

そしてこちらは2003年公開の映画『いま、会いにゆきます』の主題歌でございました。ちなみに主演は竹内結子さんと中村獅童さんです。

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD]

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD]

 

 

そして邦画の感動作といったらこれを抜いてはいけない気がします。
世界の中心で、愛をさけぶ
これも2004年ですって。なんだかこの年って結構色々と豊作じゃないですかね?(笑)

そして主題歌はアノ曲!

瞳をとじて

瞳をとじて

  • 平井 堅
  • J-Pop
  • ¥250

 はい、もはや曲紹介は不要ですかね。
ただこの曲を紹介するならば僕はこっちもしたくてですね。

かたち あるもの

かたち あるもの

 こちら2004年の7月から放送されたTBS系のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』のEDでございます。
この曲もかなり有名ですね。未だに柴崎コウさんと言ったらこの曲を連想する方も多いと思います。

『世界の中心で、愛をさけぶ』をAmazonで検索

 

いやぁ、ちょっと今回は詰め込みすぎ感が半端じゃありませんが、大丈夫でしょうか?(笑)

しかしアレですね。考えれば考えるほどに紹介したい曲が山ほど出てくるので恐ろしいです。

いやそもそも映画の主題歌に抜擢される曲って名曲揃いじゃないですか。

「セレクトとか言っておいて結局全部良いのかよ!」とか言われそうですが、数学的に言うと『映画音楽は名曲であるための必要十分条件である』という命題が真と言えそうな気がします。←なぜ数学的に言ったのか。

なので今回は思いついた順に紹介しました。

もしこのままズルズル行くと多分『栄華なる映画音楽その36』とか突入してしまいますので次で一旦区切りましょう。

 

というわけで自己完結的で申し訳ありませんが次回は『栄華なる映画音楽④』と題して主に洋画の主題歌を紹介していきます。

まぁ、どうせまた超有名作しか出ませんけどね(笑)

 

それではまた次回!

 

 

【音楽のある風景】懐かしの名曲や映像作品が満載!