音楽初心者の戯論

事情通でもプロでもない、ろくな知識も持ち合わせていない人間が、徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

栄華なる映画音楽④

 どうもこんにちは。

いやぁ、寒くなりました。今朝外でバスを待っていたのですがその数分だけで切なさがこみ上げてきましたよ。

そして今回で映画音楽特集は一旦終了。またネタが溜まったり逆に他のネタが尽きたときに続きをやろうと思います。

前回の予告どおり今回は主に洋画。あまり邦画は観ないので何ならこちらの方が僕にとってはホームです。

まぁ今回は超有名どころばかりですけどね。

 

それでは早速行きましょう!

最初はこちら。デデンッ!!

現在68歳。ケニー・ロギンスさんの『Footloose』です。

Footloose

Footloose

 こちら1984年に公開した同名の映画『Footloose』の主題歌であり、アメリカのBillboard Hot 100では見事3週連続1位という記録を達成しました。
数年ほど前ですかね、マクドナルドのCMでも使われていたような気がしますがまぁいいでしょう。
映画の内容はあまり言わないようにしますが、今見るとこう...なんですかね。「あぁ、80年代だなぁ」と言いますか、やはり時代は少しづつ変わっているのだな、なんて思える雰囲気となっています(笑)

↓以下Amazonリンク↓

フットルース [DVD]

フットルース [Blu-ray]

他の挿入歌も結構豪華でして、例えばボニー・タイラーさんの『Holding Out For A Hero』なんかもあって、そういった世代の方は懐かしく観ることができるのではないでしょうか。

Holding Out for a Hero

Holding Out for a Hero

  • ボニー・タイラー
  • ロック
  • ¥150

 もし気になりましたらぜひチェックしてみてください!

 

お次はこちら!

Eye of the Tiger

Eye of the Tiger

  • Survivor
  • ロック
  • ¥150

 今日本人にこの曲を聴かせると、多分6割ぐらいの方が宮川大輔さんの顔を思い出すのではないでしょうか。

ご存知『謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!』の恒例企画『世界で一番盛り上がるのは何祭り?』で祭り当日に流れるBGMとして広く浸透していますが、元はこの映画の曲。

 映画は見たことなくても名前は聞いたことがあると思います。

『ロッキー』といえばシルヴェスター・スタローンさんが監督・脚本・主演を務めた映画で有名ですが、この曲が主題歌の『ロッキー3』を含めロッキーシリーズは6つあります。
ちなみにこちらの『Eye of the Tiger』はスタローンさんたっての希望で作られた曲であり、先ほどと同様ビルボードで1位を達成しました。しかも6週連続!
そしてこの曲と並んでもう1つ、Survivorとこの映画の関連曲にはこちらがあります。

Burning Heart

Burning Heart

  • Survivor
  • ロック
  • ¥200

 同バンドSurvivorより、『Burning Heart』です。こちら『ロッキー4/炎の友情』の主題歌として起用され、そしてイッテQ!でも使われていますね。

ちなみにこの曲の(1番の)サビ前が『カニに味噌つけ洗う』と聞こえるという空耳がタモリ倶楽部で紹介されましたが、これはいいですかね(笑)

一応この試聴でも聴けます(笑)

言葉だけで聴くと「あぁ、そうねぇそうなのかもねぇ」で終わってしまうんですが、同番組で一緒に流れる映像と合わせるとこれがまた傑作なんですよね。
まぁそれはいいとして......


しかし「ロッキーは観たことないけど、あの場面なら知ってるぞ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
例えばフィラデルフィア美術館の階段を駆け上がったロッキーが両手を突き上げているシーンや、ロッキーが生卵を飲むシーン、「エイドリアーン!」と叫ぶシーンなど、意外と若い世代にも浸透しているのではないでしょうか(適当)

まぁそんなロッキーですが、2015年に一連のスピンオフとなる作品『クリード チャンプを継ぐ男』が公開され、こちらもかなり話題になっていました。

↓以下Amazonリンク↓

クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

クリード チャンプを継ぐ男 [DVD]

こちらも併せてぜひチェックしてみてください!

 

次はこれ。

トップガン スペシャル・エディション [DVD]

トップガン スペシャル・エディション [DVD]

 

 トム・クルーズさん主演の映画『トップガン』です。
1986年公開のこの映画ですが、この年(正確にはこの年度)の全米興行収入で見事1位!日本でも翌年の1987年にヒットしました。
本当はですね、この映画の主題歌や挿入歌だけで1回分の記事になりそうなほど名曲が多い映画ですので迷ったんですが、心を鬼にして今回は2曲だけ紹介します。

Danger Zone

Danger Zone

 またもやケニー・ロギンスさん。トップガンのテーマ、『Danger Zone』はこの方の曲です。

そしてこちら、中には映画は知らなくてもこの曲は既視感もとい既聴感があるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

Take My Breath Away (as heard in Top Gun) (Re-Recorded / Remastered)

Take My Breath Away (as heard in Top Gun) (Re-Recorded / Remastered)

  • ベルリン
  • ロック
  • ¥150

ベルリンの『Take My Breath Away』です。日本語名は『愛は吐息のように』

いやぁ、Cheap TrickやLoverboyの名曲も語りたかったのですが...まぁ仕方ないです。
しかし本当に名曲揃いなんです。一度観ていただければ分かると思いますが。
映画の内容はアメリカ海軍のパイロットを描いたアクションあり恋愛ありの感動作です。
ここに挙げた曲たちも映画内でかなり重要な役割を担っているのでそちらにも注目してほしいところであります!

 

あと2つくらいですかね。

ではこちらをどうぞ。

フラッシュダンス [DVD]

フラッシュダンス [DVD]

 

 少々古いですが...ってひょっとして僕の趣味が明らかになっていますかね?(笑)

こちらも1983年に公開され、世界中で大ヒットした作品です。
この作品あたりから映画とコラボしたMVが増えてきて、どちらにとっても相乗効果で売上には貢献したみたいですね。
そしてこの映画の主題歌、アイリーン・キャラさんの『Flashdance... What a Feeling』もまた大ヒット。
今でも結構日本のいたるところで使われていたりしますね。

フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング

フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング

  • アイリーン・キャラ
  • ダン
  • ¥150

 というのも知っている方もいらっしゃるでしょうがTBS系列放送のTVドラマ『スチュワーデス物語』でも使用されました。

 もっともこちらは麻倉未稀さんがカバーした『ホワット・ア・フィーリング』としてですけどね。
いやむしろ日本ではこちらのイメージが強いかもしれません。少なからず原曲がこちらの麻倉未稀さんバージョンだと思っている方もいるのではないでしょうか。

そしてドラマは名前からも察することができるように客室乗務員を描いたヒューマンドラマ。JAL全面協力のもと結構グローバルに撮影されています。

もし興味がありましたらどうぞ!

大映テレビ ドラマシリーズ スチュワーデス物語 DVD-BOX 前編

大映テレビ ドラマシリーズ スチュワーデス物語 DVD-BOX 後編

 

さぁ、それではこれで区切りにしましょう。

最後はこちら。

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・エディション [DVD]

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・エディション [DVD]

 

 これは個人的に僕が好きだったので紹介したかっただけなのですが、映画も曲も完全に僕の好みでした。
そして主題歌はこちら。

Unchained Melody

Unchained Melody

  • ライチャス・ブラザース
  • ポップ
  • ¥250

 多分聴いたことがあると思います。今でも色々なシーンで多用されていますよね。ライチャス・ブラザーズの『Unchained Melody』


なんとこちら1955年の曲!古いッッ!!

ただこの映画で使われたのは1965年に録音されたバージョンで(それでも十分古い)、まぁこれが一番有名ですかね。

映画はわりと今でもウケるのではないかという、ドラマやアニメでリメイクしても面白そうな感じです。

主人公、ヒロイン、サポート役がはっきりと分かれているため理解しやすいですし、笑いあり感動ありの大作です...って知ってますかね(笑)

ぜひ一度ご覧ください!

 

そして本日のiTunesランキングTOP10はこちら!

1 -
2 -
3
4
5 -
6 -
7
8
9
10

 やはり星野源さんの『SUN』が再びやってきました。
というよりも多分ここは他のダウンロード数が逓減したと推測したほうが正しいかもしれませんね。
ただここにきて再びこの曲がランクインしたのは、ずっとコンスタントに売れていたという証でもあります。

今年の紅白も多分...なんて予想はまだやめておきましょうか(笑)

 

まだ次の内容は決めてませんが、それではまた次回!

 

トップ・ガン

トップ・ガン