音楽初心者の戯論

事情通でもプロでもない、ろくな知識も持ち合わせていない人間が、徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

250円の価値

どうもこんにちは。

いやぁ、寒いです。

こう寒いと心が温かくなる曲セレクションとかやりたいんですけど、ちょっと『温かさ』の定義について考え始めちゃったりなんかしてそれで一日終わりそうなのでまだやめにしておきます(笑)

 

 

 

ところでiTunesってどうして1曲250円なんでしょうかねぇ。

ずっと気になってはいたのですが、チャートを見ているとふとそんなことを思いまして。
調べてみると他の大手ダウンロードサイトでも1曲250円でした。

まぁそういうわけですので多分独占禁止法的な縛りがあるのだと思いますが、この値段ってどうですか?
シングル表題曲ならまだしもインスト曲も同じ値段はねぇだろ、とか7分の曲と1分30秒の曲の値段が一緒ってどうよ?とか意見は様々かと思いますが。


では1つ例を取り上げて考えてみましょう!
アルバムはこちら。

 現在iTunesアルバムランキングで1位の『Fantôme』です。

こちら、Amazonでアルバムを買うと現在3240円。

Fantôme

Fantôme

 

 iTunesでは2200円ですから、この時点で見た目上はiTunesのほうがお得。

そして収録曲が11曲なので単純計算で1曲あたり2200÷11=200円。
iTunesの中だけで見ると1曲ずつ買うよりはアルバム全体で買ったほうがお得ですね。

 

そしてAmazoniTunesなのですがその差額1040円。

つまりこの約1000円にどのような付加価値をつけるかがポイントですね。

たとえばCDをゲットするとなるとそれが自分の『モノ』となるので所有欲みたいなものは結構満たされます。
また手間をかけずに車でもPCでも聴けますし、ジャケットを飾るインテリアとしても......さすがにこれは無理がありましたか(笑)

でも何十年か前はレコードを壁一面に飾るのも結構ロマンではありましたから、あながちバカにした話ではないんですけどね。
まぁ何よりCDには歌詞カードが付いてくるのが大きいですね。
iTunesの歌詞サービスは正直ちょっと面倒くさいので、曲を聴きながら優雅に作曲者やレコーディングスタジオ、アレンジャーの名前なんかを見ることができるのはCD購入者の特権です。
また、最近はグンと減って専ら写真や絵が主ですが、昔は歌詞カードにライナーノーツなんかも載っていたりして、結構裏事情なども知ることができたのでファンやマニア的にはいいものだったと思います。

 

まぁ人それぞれ価値観は違いますし、どちらが良いとは言いがたい部分もありますが、そこは最終的にお任せといったところでしょうね。

初回限定盤やイベチケ付属、購入特典などで何とかやっていけている音楽業界ですから多分CDの方が利益率は大きいのでしょうけど、入り口としてダウンロードサイトは非常に重要ですからね。

僕も最初はYouTubeなどのネット上で聴いて、好きになったら色々と欲しくなるのでCDやDVDを買う、というパターンが多いので、もちろん別のパターンの人多いと思いますし自分の方法が主流だなんて思っておりません。
寧ろ少しステレオタイプだな、なんて思っているくらいです。

様々な形態があるからこそ、自分にあった様式で皆さん聴いていらっしゃると思いますが、ちょっと振り返ってみてCDを持っているアーティストとYouTubeやダウンロードサイト止まりのアーティストで自分の中で何が違うのか今一度考えてみるのはいかがでしょうか。
そうすると意外と自分の趣味趣向が見えてきたりして、新たな発見もあるかもしれません。

いずれ拙文ながら音楽業界のあーだこーだでも書き綴ろうかと思っていますが、時代は消費者至上主義ですからね!
自分たちの行動が世界を変える!とまではいかないでしょうけど、支流を作るぐらいの勢いはあるんだな、という認識だけしてもらえればなんとなく嬉しく思います。

 

 

 

そしてそして!

最近休んでいましたがさすがにコーナーと言ったからには続けなくてはいけないと思い一念発起してやります!

 

<本日のピックアップ>

今回はこちら!

RED

RED

  • GOUACHE
  • ロック
  • ¥250

 GOUACHEの『RED』です。

そしてGOUACHEのメンバーはこちら。

Vo.:メイリア
Gt.&Vo.:じん
Gt.&Vo.:グシミヤギ ヒデユキ
Ba.&Vo.:白神真志朗
Dr.&Cho.:伊吹文裕

どうですか?知っている名前があるかもしれませんね。

それもそのはず、Vo.のメイリアさんはGARNiDELiAでボーカルと作詞を担当。
GARNiDELiAの楽曲は結構アニメやゲームの主題歌ないしOPやEDに起用されています。

例えばこれ。2013年のTVアニメ『キルラキル』後期OP

ambiguous

ambiguous

こちらも。2014年のTVアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』前期OP

BLAZING

BLAZING

 

そしてじんさんは『カゲロウプロジェクト』が一番有名ですかね。

ニコニコ動画に歌詞の世界観がストーリーとリンクした楽曲群を投稿し、その世界を題材とした小説も刊行。こちらアニメ化(メカクシティアクターズ)もされ、結構話題になっていました。

カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫)

カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫)

 

 

 そんな彼らにエレクトロロックバンド『ステラ・シンカ』の白神真志朗さんとドラマーの伊吹文裕を加えたバンドが発足。

11月4日に上の曲『RED』を公開しました。


劇場版「カゲロウデイズ」主題歌:RED(CINEMA Ver.)スペシャルムービー/GOUACHE

 

ネットではもうすでに周知の出来事なのでしょうが、気になる方はぜひ!

 

 

 

そして本日のiTunesランキングTOP10はこちら。

1 -
2
3
4 -
5
6
7 -
8
9
10 -

曲目は昨日と変化なし。今後の変遷に注目ですね。

 

まぁ本日はこれにて失礼!

それではまた次回!