音楽初心者の戯論

事情通でもプロでもない、ろくな知識も持ち合わせていない人間が、徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

『マツコ&有吉の怒り新党』で使われた曲をまとめてみました

どうもこんにちは。

また1週間の始まりですね。
いやぁ、しんどい!(笑)

もうね、せめて3日だけでも何もしなくていい日があればきっと心も体も休まるんでしょうけど、多分そんなことしたら余計に動けなくなると思うのでいいですかね(笑)


さてそれでですね、皆さんは最近TVなんか観たりしますか?
僕は大抵そんな時間がない、というかTV観る時間があるなら他のことに費やしてしまってあまり観ないのですが、何個かだけは毎週欠かさずチェックしているんですよ。

それで『マツコ&有吉の怒り新党』がそのうちの1つで、観ていると気付くんですが結構いい曲を使ってるんですよねぇ。
前々から渋いチョイスだなぁとは思っていたんですが、今回記事にしてみることにしました。

しかしただ闇雲に列挙するだけではキリがないので、今回はいくつかをピックアップして紹介します。
また何かの機会があればその際に別の曲でも紹介することにしましょう!(どうせやらないフラグ)


さて、最初はこちら。

(Just Like) Starting Over

(Just Like) Starting Over

 これは怒り新党が好きな方ならば聴き覚えがあると思います。
ご存知John Lennonさんの『(Just Like) Starting Over』です。
番組の最初やエンディング、その他随所で使われていますよね。
...と言いたいところですが、実は夏目三久さんから青山愛さんに変わったと同時期にエンディングがこちらの曲になりましてですね。

これもかなりの有名曲。Stevie Wonderさんの『I Just Called to Say I Love You』です。

 いや、先の記事で述べたように僕は洋楽を聴いて育ったのでこの2つは超有名曲という認識なんですが、多分知らない方も多かったですよね。
僕も何年か前までは尾崎豊さんの曲なんて殆ど知りませんでしたし。

この曲は割とPVが有名で、知っている方も多いと思いますが彼は盲目。独特のリズムの取り方が見ていて結構クセになります。


Stevie Wonder - I Just Called To Say I Love You

確か中学3年生ですかね、英語の教科書の教材にもなっていたと思います。


続いてはこちら。

これは最近あまり耳にする機会が多くないのですが、Carpentersの『Rainy Days and Mondays』です。

雨の日と月曜日は

雨の日と月曜日は

イントロのハーモニカがなんともいえない哀愁を漂わせて、切ない気分になる曲です。

試聴ではそこが聴けないので、こちらの動画ならお分かりいただけると。


Carpenters - Rainy Days And Mondays

この曲は少し寂しめな話題のときに挿入歌としてかかりまして、番組をしっとりと演出しています。
特にマツコさんの回想シーンだったり、悲しい自虐シーンだったりでかかることが多いような...気のせいですかね(笑)

 

そして最近始まったこのコーナー。『今週の怒られたさん』でかかるのはこの曲。


Seike Chiaki - Sumire

清家千晶さんの『スミレ』です。これもまた違う意味での切なさといいますか悲しい感じが胸にひしひしと伝ってきますね。

残念ながら原曲がiTunesにはなかったのですが、アルバム自体はAmazonにあります。
中には感じた方もいらっしゃるかもしれませんが鬼束ちひろさんを想起してしまうような包み込む歌声と切ない歌詞が印象的です。

スミレ LYRICS | 清家千晶

ぜひチェックしてみてください!

スミレ

スミレ

 

 

そして最後、まとめに入るときの曲は...この説明はいいですかね。

Merry Christmas Mr. Lawrence

Merry Christmas Mr. Lawrence

 坂本龍一さんの『Merry Christmas Mr.Lawrence』です。
この曲はあれなんですよ。もっと別の企画で出そうかと思っていたのですが先にお披露目。
見事なまでに美しいというか、僕の拙い表現でこの曲を汚したくないので多くは書きませんが、本当に計算し尽くされた曲です。

そしてこちらは日本、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの4国合同で作られた映画『戦場のメリークリスマス』のメインテーマですが、主演がデヴィッド・ボウイさん。

坂本龍一さんやビートたけしさんも出演されていて、ビートたけしさんはこれをきっかけに映画界に傾倒し始めたといっても過言ではなく、さらに坂本龍一さんも映画音楽の担当はこれが初めての作品です。
なんと出演の条件として音楽の担当を任せてほしいと言ったみたいですが。

そして内容は戦時中の物語で、そのあたりに興味がある方は必見。
さらに最近流行り(!?)のBL描写なんかも...とは言ってもあくまでプラトニックな関係ですので相当に腐ってらっしゃる方には物足りないかもしれませんが(笑)、とにかく感動作ですので一度は観たほうがいいような気がします。

今回はこれがメインではないのでその他説明は已む無く割愛しますが、少しでも興味がありましたらぜひ!

戦場のメリークリスマス [DVD]

戦場のメリークリスマス [DVD]

 

 

 

最後は『新・三大○○調査会』です。
まずはこちら。

www.youtube.com

まぁ番組視聴者にとってはかなりの有名曲ですよね。
チャイコフスキーの『ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 作品23』の序奏部分です。

そしてそれに続く有権者のひとこと紹介時にはこちら。
フェリックス・メンデルスゾーンの『ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64』


Felix Mendelssohn: Vioolconcert in e-klein, op.64

この曲以外にも流れることがありますが今回はこれだけ!
ヴァイオリン協奏曲と言えばベートーヴェンブラームスと並んでこの曲が挙げられることが多いですが、それほど親しまれている曲です。


まぁあまりくどくど説明してもしょうがないので、本日はここまで!

どうでしたでしょうか。「ん?番組は観てるけど知らねぇぞ?」となった方はYouTube等に色々アップロードされていると思いますのでぜひチェックしてみてください!

 

それではまた次回! 

Merry Christmas Mr Lawrence - O.S.T.

Merry Christmas Mr Lawrence - O.S.T.