読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽初心者の戯論

事情通でもプロでもない、ろくな知識も持ち合わせていない人間が、徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

またひとつ平和に

どうもこんにちは。

いきなりで申し訳ないのですが皆さんは音楽にどのくらいお金をかけていますか?
僕はこんなに毎回宣伝ばかりしておいてアレなんですけどそこまで使わないんですよね。

CDを買うとなるともう本当に大好きなバンドの出したもので、尚且つ初回限定盤なんかに舞台裏だったりレコーディング風景だったりが収められているともう『買い』決定です。
もし自分が有名アーティストになったら間違いなく1つの曲がどのようにできあがっていくかを追ったドキュメンタリーを付属させたいレベルでそういうのが大好きなんです。
まぁ、なれないですが。

業者の方も「こうでもしなけりゃ売れないぜ!」といって必死に限定盤の策を打ち出しているんでしょうが、それがまぁコアなファンにとっては堪らないものになるわけで、結果お互いハッピーという結末になるので僕は嬉しいです。

ちなみに僕は大抵まずYouTubeiTunesの試聴で聴いて、「おっ、これは!」と思ったら同じアーティストの他の曲も聴いてみる。
そしてそんな日々が何日か続くと「持っていたい」という欲求が芽生えてくるのでお店に出向く。
と言っても実際に『モノ』がほしいのではなく、自分がその曲たちをいつでも聴ける状態でありたいと思うだけなのでアーティスト的には「おいもっと金払えや、オラッ!」って感じなんでしょうね(笑)

とにかく「あっ、いいな」って思ったらレンタルショップに行くんですよ(CDショップじゃないんかい!)。近くのレンタルショップに出向いて5枚で1000円とかまた安くなるようにうまく買って(笑)

そしてそれをパソコンに落とし込みWALKMANで流す、というのが僕の一連の動作です。


これが基本形。それ以上に欲しくなった物だけAmazon等のネットショッピングで購入します。


しかし!!最近家の近くのレンタルショップが閉まってしまい、気軽にレンタルできる店がそこそこ遠くなってしまったので僕のデータベースは近頃更新がありません。
これは由々しき事態。特にこんなブログ書いているヤツの実情としてはありえないですね(笑)

 


まぁそれは追々解決策を考えるとして、では本日のiTunesランキングTOP10でも見てみましょう!!

1 -
2
3
4
5
6
7
8
9
10

星野源さんの『恋』が1位を死守!
これは本当に凄いです!

2位につけるは本日発売開始されたback numberの『ハッピーエンド』
皆さんご想像の通り、歌詞は決してハッピーエンドではありません(笑)

www.uta-net.com

そして彼らは前々からカップリング曲も手は抜かないと豪語しているのでこちらも必聴!

2曲目の『君の恋人になったら』はポップでロックな、それでいて歌詞は相変わらずback number節全開!
正直この曲にハマってしまってですね、絶賛ヘビロテ中の今です。

君の恋人になったら

君の恋人になったら

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250

 しかし何か違和感というか、いつもと違うなぁと思ったら曲中のホーンセクション!
歌詞も相まって、もう圧倒的に突き抜けちゃっています。

さらにサビのラスト「言われたいぜ」というのがいかにも彼ららしい。
「あぁ結局全部妄想だったのね」という、back numberとしての着地点と新しさを兼ね備えたこの曲。
本日16時現在ではなんとこちらもiTunesランキングでTOP10入りを果たしています!!


そして3曲目の『魔女と僕』はback numberお得意のミディアムナンバー(ダジャレじゃないですよ)

魔女と僕

魔女と僕

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250

 どうやらこの曲のピアノを清水依与吏さんが弾いているみたいで、特にサビではアクセントとも隠し味ともつかない絶妙な加減で曲を演出しています。

 

遍くカップリングが名曲だという場合も大いにありますから、表題曲だけ聴いていれば...という考えをお持ちの方はぜひ一度改めていただき、せめてiTunesの試聴だけにでもお時間割いてみてください!

でも正直カップリングって微妙な立ち位置ですよね。
アルバム曲ならその時その時の色であったり挑戦であったりが見られてもいいと思うんですが、カップリングで冒険もちょっとどうかな?と思いますし、かといって直球過ぎるのも受け止めきれないといいますか。
A面との絶妙なバランスが大切になってきますね。

いつかカップリングの名曲でも当ブログの記事で載せてみようかと思いますが、それはまた今度ということで。
もしいろいろな方に聴いてもらいたい『知られざる名曲』をご存知の方がいらっしゃったらぜひお知らせください!


それでですね、back numberの話題に戻りますがどうやら昨日ですかね、backnumberのTカードが出るとか何とかっていう話を小耳に挟んだのですが、あぁこれですね。

fan.tsite.jp

うはーっ、すごい。まさかの顔写真ですよ。
まさにファンにとっては垂涎ものですが、どうですか。back numberにとっては自分の姿形がプリントされたものがカードとして利用されていくわけで......僕だったら恥ずかしさのあまり身悶えそうですね。

こちらのTカードは12月27日より発売開始らしいです。
まぁその翌日が彼らのベストアルバム『アンコール』の発売予定日ですから、そのカードで購入するという粋な演出も悪くないかもしれませんね(笑)

そうそう、この『アンコール』初回限定盤の詳細も同時に公開されましたので、そちらも併せてチェックしてみてください!

ベストアルバム『アンコール』ジャケット、初回盤特典内容詳細発表! | back number (バックナンバー) official web site

アンコール(初回限定盤A / DVD ver.) (2CD+2DVD+フォトブック)

アンコール(初回限定盤A / DVD ver.) (2CD+2DVD+フォトブック)

 

 

そして本日のTOP10に2曲を送り込んだ星野源さん。

自身が出演するTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』、通称『逃げ恥』が昨晩放送されて、怒涛の展開を迎えた...らしいです。

まぁ僕は見ていなかったのですが、22時50分ごろでしょうかね。近所から突然「キャァァアアーーッ!!」という黄色い悲鳴が聞こえてきて、「な、何事だァッ!!」と思っているとどうやらこのドラマが原因のよう。

「まったく人騒がせなドラマだぜィ」と思いつつ現在ブログ記事を編集中のわが身でございます。

まぁ多分、多分ですけど、日本は昨晩少しだけ平和になりましたね。

 

ハッピーエンド(初回限定盤)(DVD付)

ハッピーエンド(初回限定盤)(DVD付)

 

 

 それではまた次回!