音楽初心者の戯論

事情通でもプロでもない、ろくな知識も持ち合わせていない人間が、徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

シンクロといえばコレ!な曲

どうもこんにちは。

本日はですね、タイトルどおりシンクロの曲と言えばコレ!と個人的に思ったものをただただ貼っていきます。

まぁシンクロは略式ですが、正式にはシンクロナイズドスイミングですかね。長い!

この時期にシンクロ特集かよ!と言われてもおかしくないくらい季節感とか随分と適当になってしまいますがそこはご容赦ください!(笑)

それでは早速!
まずはこちら。

まぁ有名どころですよね。シルヴィ・ヴァルタンさんの『Irrésistiblement』です。
曲名だけで見ると「なんだこれは...」となりそうですが、日本語名では『あなたのとりこ』なんて言われています。ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ちなみにシルヴィ・ヴァルタンさんはフランス生まれで現在72歳!ワオッ!
しかし2年前にも日本公演をおこなうなど現在も第一線で活躍中で、2011年には東日本大震災被災者支援チャリティーコンサートにも出演されていた心優しきお方です。

この曲の発売は1968年と、もうじき半世紀が経過するくらい古い曲ですがまったく衰える気配がありませんね。

個人的にシンクロといえばこの曲が最初か2番目に浮かんでくるのですが、おそらくこれはウォーターボーイズの影響が強いのでしょうね・・・って皆さん憶えてますか?(笑)

2001年に公開された映画でもあり、2003年に始まり2005年までで計3回ドラマ化されたウォーターボーイズ
妻夫木聡さんや玉木宏さんが出演されていて、そりゃもう当時は大いに笑わせていただきました。

ウォーターボーイズ スタンダード・エディション [DVD]

ウォーターボーイズ スタンダード・エディション [DVD]

 

 最近では麒麟ビールか何かのCMにも使われていたような気がします。

 

次はコレですが、

これもウォーターボーイズで使用されていました。もしや今日の曲全部そうなのか...?

The Rubbetsの『Sugar Baby Love』です。
しかしここまで誰一人としてサングラスが似合っていない人たちも珍しい・・・

冒頭から響くハイトーンボイスが特徴的ですが、この曲は少々ややこしい経歴の持ち主でして。

ざっと説明するとですね、この曲のヴォーカルはポール・ダ・ヴィンチさんという方なんですが、このポールさんはこの曲のレコーディングを最後にルベッツを脱退してしまうんですよ。
メンバーの脱退ってそこまで珍しくもないんですが、この曲がルベッツのデビュー曲に当たるのでかなりレアケースではないでしょうか。

しかもレコーディングだけしてこの曲が発売される前に脱退したので「う~む」となったようですが、作曲者のウェインさんは他のヴォーカルを擁立する形ではなく、ポールさんが歌った音源で発売したらしいんですね。
まぁそうしたらデビュー曲にして超大ヒット。
その後ルベッツは他の方がヴォーカルを務めることになるのですが、この曲を超えるヒットはありません。

結果は大成功だったわけですから、そのままCDで出そうと決めた作曲者のウェインさんの慧眼には恐れ入ります。

 

・・・もうアレですね、今回はウォーターボーイズ特集にしましょう!

というわけでこちら。

いやぁ、いい曲ですね。何だか懐かしすぎて涙が出てきそうです(笑)
ウォーターボーイズのテーマソングといってもいい気がしますが、それを言ったらこちらもですかね。


はい、ご存知福山雅治さんの『虹』です。
この曲はEDで流れ、全員が腕を組みながらゴーグルをつけてただプールサイドで突っ立っているだけの映像がなぜか一番記憶に残っていますが

あぁ、これです。
しかしウォーターボーイズに関連している曲ってハズレがないのではないでしょうかね?(笑)

 

まぁ今回はコレで最後にしましょう。
フィンガー5で、『学園天国』

ひ、悲鳴がスゴい......!

元々オールブラザーズという上の兄弟3人がやっていたバンドがフィンガー5の前身なんですが、メジャーデビュー時にベイビー・ブラザーズと改名。しかしまったく売れずにいたところをとある人物が一家を説得してフィンガー5として再デビューさせ、(これはジャクソン5の影響)ミリオンセラーを出すまでのグループとなりました。

まぁこの『学園天国』ですが、冒頭の「ヘーイヘイヘイヘーイヘーイ」が一番有名だと思うんですけど実はこれ、Gary U.S. Boundsの『New Orleans』という曲が元になっています。

www.youtube.com

こんな感じです。

実は最後の曲は(何かのカバーだということ自体は知っていましたが)僕も知らなかったのでいい勉強になりました。
結構カバー曲をそのままその人の歌だと思い込んでしまうケースってありますもんね。

まぁもっともそう勘違いしているときはその事実にさえ気付かないものですが。


というわけで今回は以上です。

とりあえず今回はウォーターボーイズに名曲が多かったということが分かっただけで大満足。
また機会があれば観てみたいなぁと思います。

竹中直人さんのキャラも最高でしたし(笑)


それではまた次回!

 

Irrésistiblement

Irrésistiblement

Sugar Baby Love

Sugar Baby Love

  • ルベッツ
  • ポップ
  • ¥250
学園天国

学園天国

 

ウォーターボーイズ - オリジナル・サウンドトラック

ウォーターボーイズ - オリジナル・サウンドトラック