読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽初心者の戯論

事情通でもプロでもない、ろくな知識も持ち合わせていない人間が、徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

私と月曜日とネタと

コラム

どうもこんにちは。

ネタが...ネタが浮かびません(笑)
いや、週末に向けて書きたいなぁという記事はあるのですが、何せ今日は月曜日。

憂鬱な気持ちがどうにもキーボードに打ち込む手を邪魔すると言いますか、とにかく頭が働かない。

自堕落な生活を何よりの楽しみにしている僕ですが、ここ最近はその欲望を満たせていません。
まぁ、皆さんも忙しいでしょうからあまり泣き言も言っていられませんね。

しかしネタが浮かばないというのはかなり困った話です。
・・・というかネタって何なんでしょうかね。

寿司でもお笑いでもよく言うネタ。
『種(タネ)』の業界用語か何かですかね?

と思いちょっと調べてみたところ、日本語俗語辞書サイトにはこう載っていました。

ねたとは「生活の糧」を意味する「飯の種」などに見られる『種(たね)』の倒置語(ハワイをワイハーというようなひっくり返していう言葉)で、古く江戸時代から的屋が商売の糧となる「商品」のことをねたと呼んだ。ここから、各職業や商売において、店にとっての「商品」のように核(糧)となるものをねたと呼ぶ。

ネタ(ねた) - 日本語俗語辞書

 業界用語ではなく倒置語と言うらしいです。

なるほど。要は一番重要なところですね。

確かに寿司はネタが無ければただの楕円状のご飯ですし、内容が無い映画はネタバレされません(それはちょっと違う)
核というんですかね。一番おいしいところとも言えそうですね。

では音楽でいうネタとは何でしょうかね。
......おっ、何だかいつも通りのブログになってきました(笑)

「いちばん重要な部分」がネタであるならば、音楽、とりわけJ-POPでネタはどこなのか。

要素としては歌(リード、サイド、バック)、歌詞、演奏(ギター、ベース、ドラム、キーボードetc...)、曲調(リズム、テンポなど)くらいが思い浮かびますが、何が一番重要なんですかね?

あの、一応言っておきますがこれは本当に思いつきで書いています。かなり予定調和っぽいですが、それは断じてないです(笑)

そうですね。パッと考えると「歌じゃね?」って思ったんですけど、これはひょっとすると「歌詞」かもしれませんね。
こういった歌や絵画なんかは作者が伝えたいことを伝える媒体として用いられているような気がするのですが、そうするとJ-POPでは歌詞にそれらがいちばん集約されているのではないのかと思います。

もちろん歌詞のない曲でも説得力が凄いものはたくさんありますし、何なら昔はそちらのほうが多かったかもしれませんね。
でもJ-POPで考えれば、多分歌詞でしょう。
ロックだと歌になるんですかね。歌唱力といいますか、フロントマンの力量が試されます。

特に最近では恋愛の曲が多く、ためしに今JOYSOUNDのアプリで「君」と歌詞検索すると候補数が57463曲!「あなた」では46835曲。
「私」が33022曲で「僕」が37015曲だったので、まぁすごくテキトーな調査ですが何となく恋人とか元カレ元カノ、一目惚れした相手や結婚相手だったりを思って書いた歌のほうが自己内省的な歌よりも多いような気がします。

まぁそれが失恋の歌詞だったら自然に曲調も少し重くするとか、そうすると演奏方法も変わってきますし、結果として歌詞につられてあらゆる要素が決まってくるのではないでしょうか。

というわけでやはり歌詞は大事なのではないかと。
そうすると歌詞をあまり重視してこなかった僕はもうちょっとちゃんとJ-POPをJ-POPとして聴かなくちゃな、と思ったりするわけです。

 

・・・ふぅ、まぁ今日はこんな感じで失礼します。

それではまた次回!

・・・次回はもうちょっと頑張りますね(笑)

 

無料音楽 カラオケも歌詞も楽しめるカシレボ!JOYSOUND
無料音楽 カラオケも歌詞も楽しめるカシレボ!JOYSOUND
開発元:XING INC.
無料
posted with アプリーチ