音楽初心者の戯論

音楽初心者の戯論

徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

音楽に関する雑学・豆知識 その2

どうもこんにちは。

さて、今回は前回の予告どおり引き続き音楽にまつわる雑学や豆知識をご紹介いたします。

 

前回の記事はコチラ

music-sick.hatenablog.com

では後半戦と題しまして早速参りましょう。

まずはこちら。

 「勝手にシンドバッド」というタイトルの由来が当時ヒットしていた沢田研二の「勝手にしやがれ」とピンク・レディーの「渚のシンドバッド」を合体させただけであるという話は割と有名ですが、歌詞テロップの話はそこまで知名度が高くないのではないでしょうか。

というのも皆さん、初めて聴いたときこの歌詞聞き取れましたか?
サビまでたどり着かず「シャイなハートにルージュの色が~」あたりで完全KO負けじゃなかったですか?

当然この曲の発売当時も同様の意見は多くて、しかもその頃はテレビ番組でまだ歌詞テロップが存在していない時代です。

アップテンポな曲調に桑田さん独特の言い回しが相まって「何言ってんだか全然分からねぇぞ!」という視聴者の声が多くテレビ局に寄せられたそうなんです。

そこで満を持して登場したのがご存知「歌詞テロップ」です。
今となっては歌番組に欠かせない要素の1つですが、その端緒はサザンオールスターズ往年の名曲にあったということですね。


お次はこちら。

www.youtube.com個人的にB’z史上最高の失恋ソングだと思っている「もう一度キスしたかった」ですが、実はこの曲のレコーディング日に稲葉浩志さんが若干風邪気味だったみたいなんですよ。
そしてその時のテイクがそのまま採用となり音源化されているのですが、鼻声がむしろ曲とマッチして哀愁を誘うのでいいんですよねこれが。

ファンの間でもこの曲は評判が高く、特に稲葉さんの書いた歌詞は作曲者である松本さんも絶賛しています。
他にもGACKTさんや浜崎あゆみさんもこの曲が好きだと公言していて、それだけ根強い人気があるということですね。


続いてはこれ。

  • 久石譲(ヒサイシジョウ)という名前は本名ではない

ジブリ映画をはじめ数々の映画やCMなどの楽曲を手がける久石譲さん。

その中でも僕は特に「千と千尋の神隠し」のサントラである「One Summer's Day」という曲がめちゃくちゃ好きなのですが、

music-sick.hatenablog.comこの「久石譲」というお名前。
実は本名ではなく、ちょっとしたダジャレ感覚で付けられた芸名だったのです。

ちなみに本名は藤澤守(ふじさわまもる)さん。

芸名である「久石譲」はクインシー・ジョーンズから 

クインシー → クイシ → 久石
ジョーンズ → ジョー → 譲

といった具合で拝借した模様。

 

クインシー・ジョーンズさんと言えばマイケルジャクソンの「Thriller」をプロデュースしたことでも有名な音楽プロデューサー。
なんでもこの名前は大学在学中に友達と決めたそうで、特別クインシー・ジョーンズのファンだったというわけではなかったとのことですが。

まぁ確かにファンだったらその名前をもじったりはしないかもしれませんね(笑)


あ、でも江戸川乱歩という名前は彼の尊敬する「エドガー・アラン・ポー」という文豪の名前から取ったという逸話が。。。

この話はもうやめましょう。


お次はこれ。

  • 閉店時に流れる「蛍の光」は「別れのワルツ」という曲名だった

一先ず聞き比べてみてください。

www.youtube.comwww.youtube.com上:蛍の光
下:別れのワルツ

 

これ2曲ともメロディは殆ど一緒なのですが、「蛍の光」が4拍子に対して「別れのワルツ」は3拍子。
そして閉店時にかかる音楽は3拍子の「別れのワルツ」なのです。

とはいえ「蛍の光」というスコットランド民謡を日本人の古関裕而さんがワルツ調の3拍子に変えたのが「別れのワルツ」なので、全くの別曲というわけではありません。
なので個人的には閉店時に流れる曲を「蛍の光」と言っても大きな問題はないと思うんですけどね。

 

ちなみにこの古関裕而さんですが、阪神タイガースの「六甲おろし」や読売ジャイアンツの「闘魂こめて」の作曲も手がけています。
さらには高校野球でおなじみの「栄冠は君に輝く」も古関さん作曲です。


ではこれでラストにしましょう

  • ピアノを黒く染めたのは日本の影響

ピアノといえば、多くの方がこんな感じの黒いグランドピアノを想像すると思います。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a5/Steinway_%C3%A0_Leipzig_-_cropped.jpg/1280px-Steinway_%C3%A0_Leipzig_-_cropped.jpg

しかし疑問に思ったことはありませんか?
ヴァイオリンやコントラバスなんかは木目調のままなのに、どうして同じように木で作られているピアノだけは黒く塗られているのか、と。

 

これはあくまで一説なのですが、ピアノは元々ニス塗りを施すだけのつくりが一般的でした。
しかし貴族の持ち物となると話は違います。もっと高級感のあるピアノでなければなりません。

そこで登場したのが日本が誇る「漆」です。

漆は言わずと知れた日本の伝統工芸で、その艶やかな黒にポルトガルから来た宣教師たちは魅了されたそうです。
そこで彼らが母国へと持ち帰り、海外ではヨーロッパを中心に皇族貴族の間で漆が人気を博しました。

そういった経緯があったため、ピアノの高級品には漆の黒が採用されました。
まぁ正確に言うと、海外に漆は無いので漆に似たような塗料を使っていただけですが。

 

ちなみにこのように漆を用いることをジャパニングなんて表現します。漆を辞書か何かで英語訳すると「japan」と出てくるはずです。

matome.naver.jpそしてその後日本がピアノを製造するようになり、そこで塗られたのも漆。
高温多湿な日本において漆とはまさにうってつけの塗料。おまけに高級感もあり、木目調のピアノよりも生産効率通いということで多く作られていきました。
木目調ならば必要だった「全体で木目を合わせる」という作業が、黒塗りのピアノでは不必要になります。その分だけ作業が簡易化されたのでしょう。

それ以降は石油化学が発達し、ポリエステルなどを用いた黒の塗料が主流になり現在に至ります。


というわけで以上になります。

実は他にも「ロックンロールという言葉は実は隠語だった!?」みたいな内容も用意していたのですが、健全さを第一に求めた結果ボツになりました。気になる方は調べてみてください(笑)

まぁ今回紹介した知識がこの後の人生で役に立つかどうかは分かりませんが、話のネタにでも取っておいてもいいのかな、なんて思います。


それではまた次回!

 

もう一度キスしたかった

もう一度キスしたかった

  • B'z
  • ロック
  • ¥250

 

ピアノはなぜ黒いのか (幻冬舎新書)

ピアノはなぜ黒いのか (幻冬舎新書)