音楽初心者の戯論

音楽初心者の戯論

徒然なるままに日々移りゆく音楽シーンを覗き見するだけのブログです。

ゲスの極み乙女。の新曲「あなたには負けない」が完全に吹っ切れている件

どうもこんにちは。

今回はですね、先日ゲスの極み乙女。の公式YouTubeアカウントから新曲MVが公開され、それがかなりぶっ飛んでいるというか吹っ切れているのでご紹介したいと思います。

そのMVというのがこちら。

www.youtube.com

メンバー全員が水色の衣装を身に纏い・・・というかこれ完全にサンダーバードですよね(笑) 利権とか著作権とか色々大丈夫なのだろうか・・・。

それにしても「あなたには負けない」というタイトルからしてグイグイ攻めています。
こういう姿勢は個人的に大好きです。


そしてMVが始まると、イントロからいきなりゲーム音楽のような電子音が流れます。

全編通した打ち込みサウンドが堪能できる同曲からは、モータウンサウンドに始まるディスコミュージックのような懐かしさもあり。
個人的には80~90年代初頭にかけてヒットを飛ばしたEurythmicsのような雰囲気も感じますね。

MVからも古臭さのようなものがどことなくあって、それでいて近未来のようにも見えるという面白さ。


ちなみにこのMVの監督である川村ケンスケさんは以前にも「シアワセ林檎」という曲で指揮を執った経験もあります。

www.youtube.com

この曲はお笑いコンビのおぎやはぎがラジオ内で「センスの塊」と絶賛していたことでも話題になりましたが、それ以上に歌詞が意味深だということでも物議を醸した曲です。

sp.uta-net.com

当時は色々とありましたから、何かにつけてそういう話題も尽きませんでしたね。
ただバンドマンとしては色眼鏡でも何でも、世間で話題になって認知されるというのは決してマイナスな面ばかりではないと思うんですけどね。

 


さて、話を戻しまして「あなたには負けない」について。

この曲は4人のメンバーのソロ歌唱パートがあるという珍しいスタイルの曲なのですが、とにかくそれがユーモアに富んでいて面白い。

ただの批判や風刺にとどまらず、そこに面白さを思いっきり混ぜるあたりがいよいよ吹っ切れたのかなぁと。
そしてやはりセンスの塊だと思いますね。

川谷さんを除くメンバー3人は、色々あった当時それぞれに思うところがあったようですが、それでも「解散」というワードが出なかったのはやはり彼のセンスを認めていたからこそだと思います。
そして川谷さんもその期待に応えるべく去年・今年と様々な楽曲を世に出してくれました。

そして今回もその一環、というよりは新しい挑戦の1曲だと思います。
それがこのたび公開されたMVから面白いくらいよく伝わってきます。


こちら、MVの一部なのですが

f:id:qfbrj:20170923172327p:plain

この雑誌ですよ(笑) いやいや週刊人春って。

他にも枝豆らしきものやラーメンやらバイクやら、ありとあらゆるものが風に乗って飛んでくるというシュールな図。
しかしメンバーはそれに臆することなく敢然と行進を続ける姿が印象的です。

ただここまで突き抜けていると飛んでくるものにも意味があるような気がしてきて、例えばラーメンは

news.livedoor.com

これを思い起こしてしまいますし(ちなみに川谷さんはラーメン二郎が好き)、すると焼き鳥や枝豆なんかの居酒屋定番メニューも何か関係があるのでしょうかね?


それ以外にも、今一度MVを見直してみると

f:id:qfbrj:20170923172922p:plain

こんな文字もあったり

f:id:qfbrj:20170923173004p:plain

こうして暗いトンネルの中、光から遠ざかるように歩いたり

f:id:qfbrj:20170923173321p:plain

タレントという職業を皮肉った操り人形のシーンがあったりと、見所は満載です。

 

そして僕個人としてはMV全体を通してカメラのフラッシュのような光の点滅が目立つ作品だという印象を受けました。

しかしこれはあくまでショートバージョンですから、全体を通して見えてくるものもあるかもしれませんね。


さて、そんなゲスの極み乙女。の最新シングル「あなたには負けない」ですが、配信限定となっています。

あなたには負けない

あなたには負けない

  • provided courtesy of iTunes

 

そして10月9日からはフルMVがYouTubeで公開されています。

www.youtube.com

あのですね・・・動画の名前とか歌詞とかこれ以上色々突っ込んでいくと収拾がつかなくなるのでやめておきますが、ぜひ一度ご覧くださいということだけは記しておきます(笑)

 

それではまた次回!