音楽初心者の戯論

音楽初心者の戯論

好きな音楽を好きなように好きなだけ綴っているブログです。

エレファントカシマシ 「30周年ツアーファイナル たまアリ公演」のセトリを勝手に予想してみた

どうもこんにちは。

さて、エレファントカシマシが3月17日(土)にさいたまアリーナでおこなうツアーファイナルまで残すところ1ヶ月あまりとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


これは最近ようやく気付いたのですが、自分と好きなものについて他の誰かが語っていたり記事にしているのを見ることって結構楽しいんですよね。
「あぁそれめっちゃ分かるわ!」とか「なるほど、そういう捉え方もできるのか!」とか新たな発見にも繋がることもままあって、いわゆる有識者や事情通の方の意見というのはとても参考になります。


ことエレカシに関しては、はてなブログをはじめ様々な方が感想・考察・レポなどを挙げてくれているのでそれを読むのが楽しみだったりします。

一方当ブログといえば「すごい」とか「カッコいい」でしか表現できていない節もあり語彙力の乏しさを実感する毎日ですが、そんな瑣末なブログでも毎日訪問してくださる方がいらっしゃるのはとても幸運なことだと感じます。
と、うまくまとまったところで(笑)、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

さて、話は移り今回のテーマはですね。
きたるたまアリ公演においてのセトリ予想を勝手にしてみようじゃないかと。

3月17日の公演に先立ち、「どんな曲をやるのだろうか」「どんな曲をやってくれるのか」はたまた「どんな曲をやってほしいか」という非常に個人的かつ希望的観測に満ち満ちた内容でお送りしたいなと、そう思います。


というのも実は今回エレカシ初心者の友達と一緒にライブに行くことになったのですが、「何を聴けばいいのか」という話題からいつの間にかセトリ予想をしていて、それが意外と楽しかったのでいっそ本気で考えてみようかなぁと。

それに、件の理由からこの記事を読んでくださっている方の暇つぶしになればいいなぁと思い、面白半分本気半分でトライしてみようと思います。

 

もし「これも演るんじゃないか」というご意見、予想があったらぜひぜひコメントお待ちしております(笑)

まぁ答え合わせは3月17日のライブ当日になるので、それまではニヤニヤと楽しみにしているしかないですね。


というわけで早速。(※ちなみに今回曲順は完全無視です)

1.ファイティングマン
2.デーデ
3.おはよう こんにちは
4.珍奇男
5.男は行く
6.曙光
7.奴隷天国
8.涙
9.四月の風
10.悲しみの果て
11.今宵の月のように
12.風に吹かれて
13.夢のかけら
14.コール アンド レスポンス
15.ガストロンジャー
16.普通の日々
17.Dead Or Alive
18.生命賛歌
19.歴史
20.友達がいるのさ
21.シグナル
22.俺たちの明日
23.今はここが真ん中さ!
24.笑顔の未来へ
25.ハナウタ ~遠い昔からの物語~
26.桜の花、舞い上がる道を
27.明日への記憶
28.大地のシンフォニー
29.3210
30.RAINBOW
31.夢を追う旅人
32.風と共に
33.RESTART

 

いやぁ、しかし。改めて見てみると僕の趣味丸出しというか、ちょっと理想込めすぎな気もしますが、ざっとこんな感じ。

もちろんこれらを即決できるはずもなく、最初は「花男」や「昔の侍」や「翳りゆく部屋」なんかも入れて気付けば50曲越え。

25周年記念ライブで37曲も演ったばかりにトミが腱鞘炎になってしまったことも考慮に入れると、今回は多くても30曲かなぁと思い直し、結果的にこうなりました。


ちなみにポイントとしては、

①全アルバムからの選曲(25周年と同様に)
②25周年のセットリスト被りをなるたけ減らす
③30周年ツアーのセトリを生かす

の3つに重点を置いて考えました。

 

一応今回のライブは「ツアーファイナル」と銘打ってあるものの、きっと25周年同様にストリングスチームやホーンセクションなんかも入り混じった豪華絢爛なステージになると思うんです。あ、いや、勝手に思っているだけです。

だから「もしや30周年ツアーとセットリストをほとんど変えないんじゃないか?」と考えたこともありましたが、新春ライブでもストリングス等が入ったことで若干内容の変更があったことですし、この2ヶ月近くで雰囲気を変えてくるだろうと予想。

 

しかしこうして蓋を開けてみれば、単に個人的に理想のセトリができあがっていたということです。


いや、もちろん断腸の思いで泣く泣く却下した曲もたくさんあるんですよ?
単なる予想だというのに、これほどまでに苦痛を伴うものなのかと心が痛くなりました。

 

でもやっぱり、これだけはどうしても譲れないところあるじゃないですか。

上の32曲を見て「ウホッ、この曲が!」って思った部分があったら、きっとそれは僕の願望が入り混じった結果だと思ってください。
「多分この曲はやってくれないだろうな」とか「この曲は野音だからこそ映える曲だけど...」とも色々考えましたが、それ以上に「これを聴きたい!」という思いのほうが勝りました。

もちろん上に入ってないものでも、生で聴きたい曲はたくさんありますが。


というのも正直、各アルバムから最低1曲ずつというのも僕の理想の権化なので、この山が外れたら上の32曲とは全く別物のセットリストになるわけです。
散々セトリ予想とかしておいてアレですけど、僕としては意外とそれが望みだったりもして。


だって予想通りとか予定調和のライブってつまらないじゃないですか。
その点エレカシはいつでも僕の予想を大きく越えてくるというか、そういった「ライブ感」みたいなものを今回も期待しちゃっているんです。


なので個人的には、今回予想したセトリが当たるよりもむしろ外れたほうが嬉しいような気がします。

というわけで、いつも期待値を遥かに上回るエレカシのライブを楽しみに待っていようと思います。

まぁもちろん、全部当たってくれてもいいんですけどね(笑)

 

 

ってそうそう。
これは周知の事実だと思いますが、エレファントカシマシの公式サイトでこれまでの映像商品をすべてBlu-ray化した商品が3月21日に発売されるとの発表がありました。

store.universal-music.co.jp

「30th ANNIVERSARY Live Blu-ray Box」は32,400円となかなかなお値段ですが、完全受注生産ということで締め日が2月19日(月)となっています。

 

www.youtube.com

まぁ僕にはそんなお金ないので今回は諦めようと思っていたのですが、しかし

の5つは単独商品としてもBlu-ray化されるとのこと。


その中でも特に2009年の野音DVDは現在廃盤で、Amazonなんかでも3万円台で取引されていますから今回のBlu-ray化はかなりありがたい。

1/5程度の金額で、しかも映像や音がよりクリアとなれば、いよいよ僕は手を出さないわけには行かずついにポチりました。


ってあれ、そういえば我が家にBlu-rayの再生環境がなかった気が・・・

 

エレファントカシマシ 2009年10月24,25日 日比谷野外音楽堂 [Blu-ray]

エレファントカシマシ 2009年10月24,25日 日比谷野外音楽堂 [Blu-ray]

 
エレファントカシマシ デビュー25周年 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ [Blu-ray]
 
Life TOUR 2002 [Blu-ray]

Life TOUR 2002 [Blu-ray]

 
桜の花舞い上がる武道館 [Blu-ray]

桜の花舞い上がる武道館 [Blu-ray]

 
復活の野音 2013.9.15 日比谷野外大音楽堂 [Blu-ray]

復活の野音 2013.9.15 日比谷野外大音楽堂 [Blu-ray]