音楽初心者の戯論

音楽初心者の戯論

好きな音楽を好きなように好きなだけ綴っているブログです。

ヒューイ・ルイス、聴覚障害のため今後のライブ活動中止に

昨日のことですが、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのフロントマンことヒューイ・ルイスがホームページやSNSなどを通じて以下の声明を発表しました。

 

April 13, 2018 – Two and a half months ago, just before a show in Dallas, I lost most of my hearing. Although I can still hear a little, one on one, and on the phone, I can’t hear music well enough to sing. The lower frequencies distort violently making it impossible to find pitch. I’ve been to the House Ear Institute, the Stanford Ear Institute, and the Mayo Clinic, hoping to find an answer. The doctors believe I have Meniere’s disease and have agreed that I can’t perform until I improve. Therefore the only prudent thing to do is to cancel all future shows. Needless to say, I feel horrible about this, and wish to sincerely apologize to all the fans who’ve already bought tickets and were planning to come see us. I’m going to concentrate on getting better, and hope that one day soon I’ll be able to perform again. Sincerely, Huey 原文ママ

Welcome to the Official Huey Lewis and the News Website

 

簡単にまとめますと、ヒューイは2ヵ月半前に聴力のほとんどを失ってしまったそうです。
対面の会話や電話の受け答えに関しては問題ないとのことですが、歌に関しては現状のままでは音程が取れないということでやむなく今後のコンサート活動を休止し治療に専念するとのことです。

また医師の診断によると、ヒューイの病気はメニエール病と呼ばれる難聴や耳鳴りを伴うもの。
ストレスが原因で発症するとの見解もありますが、まだ詳しいことは分かっていないそうです。

katei-igaku.jp

そして医師はこの「メニエール病」を克服しない限り(快方に向かわない限り)ヒューイがステージ上でパフォーマンスをおこなうのは困難であるとも本人に伝えています。


また元気な姿を見せてもらうためにも今は治療に専念して、華麗に復活してもらいたいものです。

 

正直なところ、つい5ヶ月前には東京・大阪のステージ上でジョークを飛ばしながら20曲近くを全力で披露していたというのに、なんだかとても信じられません。
ですが、ヒューイならば必ずや戻ってきてくれると信じて待っています。


そういえば昨年の日本公演では2018年にはアルバムを出してツアーもしたいと語っていましたね。

80年代のアメリカを代表するバンドのフロントマンで、彼らの曲を聴けばどれほど陽気でポジティブな人たちだったかがすぐ分かります。
そんな彼だからこそ、まだまだ現役だぞ!という底力をぜひ見せてもらいたいものです。

 

それにしても、最近ミュージシャンの方々の聴力に関するニュースが後を絶たない気がします。

今回のヒューイ・ルイスもそうですが、今年の1月にはエリック・クラプトンが出演したラジオ内で「聴力を失いかけている」と驚きの告白をしたことも記憶に新しいです。

エリック・クラプトン、聴力を失いつつあると告白も「まだ生きているという事実がすごいこと」 (2018/01/11) 洋楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

 

個人的にはエレファントカシマシの宮本さんが2012年に急性感音難聴を発症したことも衝撃でしたし、同じく国内アーティストではサカナクションの山口一郎さんやスガシカオさん、そして大友康平さんも耳の病気に悩まされた(ている)そうです。
これはミュージシャンにとっていわゆる職業病なのでしょうが、「仕方ない」と片付けるのも悲しいですよね。

かといって特効薬があるわけでもなく、現在の治療法でも万全ではないのでしょうが。。。

 


とにかく今はゆっくり治療に専念して元気に戻ってきてほしいと思います。